• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

なすなかにし×うしろシティ×小野賢章×新海岳人インタビュー『あはれ!名作くん』

なすなかにし×うしろシティ×小野賢章×新海岳人インタビュー『あはれ!名作くん』

NHK Eテレ『ビットワールド』内で好評放送中のショートアニメ『あはれ!名作くん』のDVD1が5月24日(水)、DVD2が6月28日(水)に発売。子どもたちになじみがある「名作おとぎ話」の世界を大胆にパロディ化した本作では、お笑い芸人のなすなかにし、うしろシティが声優に挑戦。
名作物語の主人公を目指す松田名作役をなすなかにし・那須晃行さん、スウィーツ役を中西茂樹さん、むすび役をうしろシティ・金子学さん、自称ロボットのノキオ役を阿諏訪泰義さんが演じ、人気声優の小野賢章さんが、ウサギとは比べ物にならないほど足が速い亀のボルトというブッとんだ役柄を好演している。
今回、DVD発売を記念して、収録現場に潜入。名作くん(那須)のツッコミが冴えわたる、キャスト陣と新海岳人監督による爆笑トークをどうぞ!

『あはれ!名作くん』

◆4月から第2期に入りましたが、これまで1年間、声優に挑戦してきた感想はいかがですか?

那須(名作くん):我々は普段の仕事とは全く違うことなのでドキドキはするんですけど…、うまくなってきたんじゃないですかねぇ(キッパリ)

全員:(爆笑)

中西(スウィーツ):謙遜せい!

金子(むすび):まあ、確かに“挑戦”っていう意味では賢章さんも挑戦しているのは伝わってくるので、それに応えようみたいな?(キリッ)

全員:(爆笑)

阿諏訪(ノキオ):まあ、みんなついてこいよ!みたいな?(キリッ)

全員:(爆笑)

那須中西:謙遜せい!

◆中西さんはいかがですか?

中西:まぁ~別に普段と変わらないですよ(ニヤッ)

全員:(爆笑)

那須:嫌われるよ!

◆小野さんから見て、皆さんの成長ぶりはいかがですか?

小野(ボルト):いやぁ、すごいですよ。

那須:また1人だけいい顔しようとして!

小野:(メンバーを見渡して)まあ…普通ですよ(ニヤッ)

全員:(爆笑)

那須:仲悪いチームですね!(笑)

◆練習したかのようなチームワークです(笑)。アフレコを拝見していて、新海監督からの細かい指示に皆さんがすぐに応えていましたが、やはり1年間やってきて身についてきたものですか?

阿諏訪:まあ、あれくらいはね(キリッ)

金子:まだそれで行く!?(笑)

全員:(爆笑)

◆金子さんも「ちょっと悲しげに」と言われたらすぐに対応されていました。

金子:演技指導みたいなのも入るんですけど、何回か撮り直して変わらなかったら監督が折れてくれるんです(笑)

那須:そのほうが多いよね(笑)。できるようになったというか、監督が僕らの限界を分かってくれた。

◆新海監督から見ていかがですか?

新海監督:めちゃくちゃ対応は早いと思います。特に小野さんはこちらで言わなくても違う言い方をいろいろやってくれるので、後でどのテイクを使うか選ぶのが楽しいです。

◆ゲストで人気声優の方々が登場していますが、小野さんはほかの現場で共演されている方も多いと思います。ボルトとして「名作くん」に迎える気持ちは?

那須:普段の感じと違うもんね。

小野:どう?「名作くん」面白いでしょ?っていうテンションで迎えています。さあ、やってごらんなさいって(笑)

全員:(爆笑)

那須:また上から!

◆なすなかにしさん、うしろシティさんは普段は自分たちで作ったネタをやられていますが、脚本があってそれを演じるということについてはいかがですか?

那須:絵に声を当てるということで、テンションが普段よりも高めというか、そこの表現の難しさはすごく感じます。やっぱり声優さんってすごいなって。

◆那須さんのお話をうかがっていると、名作くんと会話しているようです。

那須:そうなんです!僕だけ声変えてないんです。変えられないんです。だから役が一個だけなんです(笑)。

◆中西さんはいかがですか?

中西:(スウィーツの声で)そうですね~

全員:(爆笑)

那須:それ、文字では伝わらないです!

阿諏訪:ボケ損ですね(笑)

中西:やっぱり、いつも自分たちの書いてるネタをやりますので、人の書いたものをやるということがないんです。だから、いいのがあれば即、パクろうと思ってやっています(笑)

全員:(爆笑)

金子:お芝居をやれって言われたら難しかったりするんです。コントをやるときも、自分たちの見た目じゃこれはできないなというものは最初からあきらめるので。でもアニメだとあまりにも違いすぎるので…

◆金子さんはおむすびですもんね。

金子:そう。おむすびなので(笑)。だから逆にやれてしまうという部分もありますね。アニメだからはっちゃけたりできるのかも。そういうのは面白いですね。

阿諏訪:「名作くん」は普通の声のお仕事とは違うと思うんです。テンポとか、パパパッと早めに言って、ここでポンッと落とす、みたいな作りって基本的にお笑いと似ているので、乗っかりやすいし、楽しいです。

◆お気に入りのエピソードやキャラクターはありますか?

那須:僕はいつも小野さんのボルトに笑わされてます。ほんとに笑っちゃうんです。それをそのまま監督が使っているときもあって。毎回小野さんがアレンジを入れてきて、テイクごとに違う感じを出されるんです。常にこっちを笑かしにかかってくる人なんです。だから、非常にやりにくいです(笑)

全員:(爆笑)

小野:ラッシー先生はけっこう衝撃でしたね。

新海監督:第2期の最初ですね。

小野:あとは、初の前後編の「救え!ネバネバランド」。あの回好きですね。

金子:僕もあの回が好きです。

中西:僕はやっぱり自分がメインの回は思い入れがありますね。たま~にスウィーツが4行くらいしかしゃべらない回があったりもするので(笑)、メインの回はうれしいですね。

新海監督:出ない回もありましたもんね。

金子:「名探偵コナン」で工藤新一役をやられている山口勝平さんがいらしたとき、「わ~一緒にできるんだ!」と思ったら、その回、むすびの出番なし(笑)

全員:(爆笑)

中西:むすび、ブースの外(笑)

金子:そういう切ないこともあります(笑)

阿諏訪:僕はブッとんだのがやっぱり好きですね。ボルトもブッとんでいて好きなんですけど、けっこう序盤でむすびが一回食べられてるんですよ(笑)

金子:調理実習の回ね。

阿諏訪:で、最後いないっていう(笑)。あれは大好きですね。

『あはれ!名作くん』

◆ここで皆さんに、放送内のコーナー「こんな名作はいやだ!」にちなんで「こんな“名作くん”はいやだ!」というお題を出したいと思います。

那須:「めちゃめちゃ女好き」

全員:あ~!いやだ~(笑)

◆那須さんが口火を切ってくれましたが、続いてどなたかいかがですか?

中西金子阿諏訪小野新海監督:………。

那須:大喜利のスイッチ入るのやめて!楽しく楽しく!

阿諏訪:あれ、勝負の場では?(笑)

那須:だから僕、一個目早く言ったでしょ!

金子:那須さん、さっきのでいいんですか?(笑)

全員:(爆笑)

中西:「めちゃめちゃ女好き」。それでいいですか?(笑)

那須:やめなさい!

全員:う~ん…

那須:「トラを飼っている」

中西:「トラを飼っている」?それでいいんですか?そっちに変えるんですね?

那須:やめなさい!

小野:(控えめに)「隠れて転売している…」

全員:(爆笑)

中西:いいじゃないですか!

那須:いいですね~。

阿諏訪:何を転売しているのかは分からないという(笑)

新海監督:「歯が黄色い」

那須:どんどん出てきましたよ!

金子:「○○が○○している」

◆それ、使えないやつですね(笑)

中西:「○○問題」

阿諏訪:姉妹校でね!(笑)

◆それも、使えないやつです(笑)

那須:使えないやつかぶせるのやめなさい!

阿諏訪:「自販機があると必ずおつりのところをあさる」

那須:それ腹たちますね。

中西:じゃあ僕は「トラが怖い」でお願いします(笑)

金子:僕は「ずっと天気が悪い」で(笑)

那須:もう「名作くん」関係ないでしょ!

◆収録中、新海監督から那須さんにオリジナルのツッコミで、というオーダーが出ていましたが、あれは打ち合わせなしですよね?

新海監督:そうですね。

阿諏訪:那須さんだけそういうのありますよね。那須をください、みたいな(笑)

那須:監督ね、僕にだけむちゃぶりするんですよ。けっこうあります。

◆那須さんはその場でツッコミを考えて応えるんですか?

那須:そうなんです。そんなに冴えたこと言えてないかもしれないですけど(笑)。

◆いやいや、先ほどもブースの外では爆笑でしたよ。

那須:ほんとですか?ありがたいですね。やっぱ決まるもんですね(キリッ)

全員:(爆笑)

那須:でも、たまにブース内がシーンとするね(笑)

全員:(爆笑)

◆新海監督は那須さんを信頼して任せると。

新海監督:そうですね。予定調和じゃないのが欲しいときは、「放り込んでください」とお願いすると、放り込んでくれます(笑)

金子:賢章さんはよく自発的に放り込んでます(笑)

全員:(爆笑)

阿諏訪:お、おう、そういう感じでくるのか!って(笑)

◆小野さんがアドリブを放り込んでくるんですか?

阿諏訪:そうなんです。急に「次、○○(有名歌手)風で行くんで」とか(笑)。えっ?何なに?どういうこと!?って。

全員:(爆笑)

小野:さすがにあれはダメでしたね(笑)

金子:きっと、ほかの収録の空き時間とかに、ここはこう行こうって作戦を練ってきてるんですよ(笑)

◆小野さんは今日も何かやってやるぞ!みたいな感じで収録に臨まれるんですか?

小野:僕も面白いことが大好きで、ボルトはああいうキャラクターなので、ほんとに好き放題やらせてもらって。何か面白いことをやって爪あとを残そうって(笑)

那須:新人みたいじゃないですか!

◆皆さんから見て小野さんのお笑い力は?

那須:すごいですよ。

阿諏訪:音を録ってるから笑っちゃいけないじゃないですか。だからみんな堪えてます(笑)

那須:笑っちゃって次のせりふが言えないこともあります。だから、ほんとにやりにくいです(笑)

全員:(爆笑)

◆最後に、代表して名作くんから視聴者にメッセージをお願いします!

那須:僕ですか!?

新海監督:放り込んでください(笑)

那須:(笑)。ほんとに楽しい現場でやっているのが伝わればいいなと思っています。いい大人たちが笑い転げながらやっているので、それを感じながらご覧になっていただけたらうれしいです!

 

■DVD情報

『あはれ!名作くん』「あはれ!名作くん」DVD1
発売日:2017年5月24日(水)
※レンタル同時スタート

価格:5,000円+税
収録内容:第1話~20話
ジャケット:JUN OSON氏描き下ろしイラスト仕様
特典映像:未公開エピソード『名作を好きになったわけ(ゲスト:佐倉綾音)』
封入特典:キャラクターシール


『あはれ!名作くん』「あはれ!名作くん」DVD2
発売日:2017年6月28日(水)
※レンタル同時スタート

価格:5,000円+税
収録内容:第21話~39話
ジャケット:JUN OSON氏描き下ろしイラスト仕様
特典映像:未公開エピソード『あはれ!名作くん NG集』
封入特典:キャラクターシール


 

■番組情報

『あはれ!名作くん』
NHK Eテレ『ビットワールド』内にて放送中
毎週(金)夕方6:20

公式サイト:http://meisakukun.com/

©「あはれ!名作くん」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える