• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

阿部純子インタビュー「女性なりの戦い方で生き抜く姿を見てほしい」映画『孤狼の血』

阿部純子インタビュー「女性なりの戦い方で生き抜く姿を見てほしい」映画『孤狼の血』

役所広司さんと松坂桃李さんが対照的な刑事バディを演じる映画「孤狼の血」で、松坂さんと恋に落ちるヒロイン・桃子役を演じた阿部純子さん。熱い男たちに囲まれた撮影現場の思い出や学んだことを振り返ってくれました。

◆もともと、「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」で知られる白石和彌監督のファンだったそうですね?

阿部純子インタビュー白石監督のデビュー作「ロストパラダイス・イン・トーキョー」を映画館で見ていて、ずっと一緒にお仕事したいと思っていたんです。他の現場で一度ごあいさつさせていただいたことを覚えてくださっていて、今回のオーディションにつながり、うれしかったですね。だからこそ桃子役を頂いた後、監督から「あまり考えすぎないよう、自由に演じてほしい」と言われたことは、大役を任されたというプレッシャーを感じました。

◆念願の白石組の雰囲気はいかがでしたか?

「みんなで余裕を持って、お互いを尊重し合って作っていこう」という雰囲気でした。また、私と松坂さん演じる日岡が雨に濡れるシーンで、「びしょびしょだ」と言う日岡さんに対し、桃子が「びちゃびちゃよ」と広島(呉)弁に言い直したり、遊び心あるフレーズを入れられるなど、撮影の雰囲気に合わせて柔軟に作品を作っていく感じでした。また、前にも組んでいらした松坂さんと白石監督の絆をたびたび感じることもありました。

◆激しいラブシーンも演じられた松坂さんの印象を教えてください。

松坂さんはスタッフ全員がみんなファンになるぐらい優しい方で、休憩時間に仕事に関する悩み相談に乗ってくださったり、私がとても演じやすい空気を作ってくださり、とてもありがたかったです。私も日岡との恋愛パートを占める桃子が癒やしの存在になりたい、という思いもあって、ラブシーンも安心して現場に入ることができました。どこか昔の恋愛ドラマみたいなすてきなシーンになったと思います。

◆松坂さんとは対照的な先輩刑事・大上役の役所広司さんとのお芝居はいかがでしたか?

桃子が働く薬局のシーンでは動きやせりふなど、台本にないアドリブ部分をどんどん付け足されるのが印象的でした。私のせりふまで覚えてくださって常に作品全体を見た時に、「こちらの方が面白い」と考えられて演じられている気がしました。私も作品を俯瞰して演じられるようになりたいと刺激を受けました。

◆完成した映画をご覧になった感想は?

阿部純子インタビュー昭和63年という時代の抗争の話は説明されないと分かりませんでしたが、そこで生きている男たちがみんな生き生きしていて、ずっとアドレナリンが出ている状態で見ていました。表向きは男たちの抗争や仁義が描かれているので、女性の方はとっつきにくいと思われるかもしれませんが、テーマの根底にあるものは友情や愛情なんです。また日岡も大上も自分なりの正義を持っていますが、桃子も男たちに翻弄されながらも女性なりの戦い方で生き抜いているんです。女性の方はそこをフォーカスして見てもらいたいですね。

◆本作に続き、ディーン・フジオカさんと共演した「海を駆ける」も公開される阿部さんですが、今後の目標や展望を教えてください。

いろんな方とのつながりが私の女優人生を後押ししてくれているような気がしますし、具体的に「こういう女優さんになりたい」というよりも、目の前にある作品で自分のできることを頑張っていきたいと思います。あと、英語も勉強中なので、将来的には海外の作品にも出たいという夢を思っています!

◆映画好きだという阿部さんが今後出演してみたいと思われている映画作家は?

日本なら山田洋次監督、海外ならホン・サンス監督。最近は旧作を見るのも好きです。昔から名作と呼ばれている作品が今も名作と言われる理由を知りたいんです。それに、「いい役者になりたい」という考えが根底にあるので、名作に出ていらした役者さんがどういうふうに作品と向き合っていたのかという姿勢を取り入れていきたいと思っています。

 

■PROFILE

Junko Abe
●1993年5月7日生まれ。大阪府出身。ドラマ、映画、CMなどで活躍中。主な出演作に連続テレビ小説『とと姉ちゃん』、映画「夜明けの街で」「2つ目の窓」など。最新作「海を駆ける」が5月26日(土)より全国公開。

 

■作品情報

映画『孤狼の血』
5月12日(土)より全国公開

<STAFF&CAST>
監督:白石和彌
原作:柚月裕子
脚本:池上純哉
出演:役所広司、松坂桃李、真木よう子、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、阿部純子/中村獅童、竹野内豊/滝藤賢一、矢島健一、田口トモロヲ、ピエール瀧、石橋蓮司・江口洋介

<STORY>
昭和63年。暴力団系列の金融会社の社員失踪事件が発生し、激しい権力闘争に発展する。新人刑事・日岡(松坂)は、異端刑事の大上(役所)とコンビを組むことになり…。

©2018「孤狼の血」製作委員会
 
●photo/関根和弘 text/くれい響 hair&make/フジワラ ミホコ (LUCK HAIR) styling/岡本さなみ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える