多部未華子×大森南朋×瀬戸康史『私の家政夫ナギサさん』ポスタービジュアル解禁 | TV LIFE web

多部未華子×大森南朋×瀬戸康史『私の家政夫ナギサさん』ポスタービジュアル解禁

ドラマ
2020年03月19日
『私の家政夫ナギサさん』

 4月14日(火)スタートの多部未華子主演の火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)に、趣里、草刈民代、宮尾俊太郎、飯尾和樹、夏子が出演することが決定し、ポスタービジュアルが解禁された。

 多部演じる主人公・相原メイは、製薬会社「天保山製薬」のMRで、仕事は誰よりもできるのに家事は苦手な生活力ゼロのアラサー独身女子。そんなメイの妹・唯を趣里、母・美登里を草刈民代が演じる。

 また、メイを応援する医薬品卸会社「しろくまメディカル」の営業課長・駒木坂春夫をお笑いコンビ・ずんの飯尾和樹、メイがMRとして通う「肥後すこやかクリニック」の医師・肥後菊之助をバレエダンサーの宮尾俊太郎、メイが勤める天保山製薬横浜支店のメンバーの行きつけである薬膳居酒屋「万薬の長」の店員・吉川かりんを夏子が演じる。

 解禁されたポスタービジュアルでは、洗濯ひもにつるされたメイ、ほほ笑むスーパー家政夫のナギサさん(大森南朋)、そしてつるされたメイを助けようとしているかのような田所(瀬戸康史)の姿が映し出されている。

<趣里 コメント>

素晴らしいキャスト、スタッフの皆さんとご一緒できること、とてもうれしく思います。
人と関わることの大切さや、家族、恋愛、仕事。
毎日いろいろなことがありますが、このドラマを観て、ふと自分のことと重ねて考えられる、そんな時間をお届けできるように、精いっぱい頑張ります。
チャーミングなナギサさん、必見です!

<草刈民代 コメント>

あらゆるものが目まぐるしく動いている現代社会。「どう見えたいか?」「どう見せたいか?」という価値観に支配されすぎて、「本当はどうしたいのか?」という、一番大事な問いかけを思い出すことさえ困難だと感じることがあります。
大森南朋さん演ずる家政夫のナギサさんは、我が道を行く生き方をしていて、実はとても成熟している人です。多部未華子さん演ずる「仕事はできるが家事が苦手」な主人公メイと、その因子を持つ困った母・美登里。母娘共にナギサさんとの出会いがきっかけとなり、やっと自分自身と向き合えるようになっていくのではないでしょうか。
いつもクールな役を演ずることが多い私ですが、今回は今までお見せしたことがない側面を楽しんでいただけたらと思っています。

<宮尾俊太郎 コメント>

久々のハートフルラブコメディに出演となりとてもワクワクしています!
情報だけではなく、人間性も必要とされる営業。今回僕は主人公演じるMRが担当する営業先の医師として出演します。
これから撮影を通じて、医療現場やMRとして働く人々との関わりの中で、肥後菊之助自身もどう変化していくか僕自身も楽しみです!
このドラマのキャラクターに良くも悪くも影響を与えていけるような、胸キュンも大切に、素敵な人物を演じて参りますのでよろしくお願いします!

<飯尾和樹 コメント>

夢と現実が入り交ざったすごく楽しいドラマになりそうで、台本を読むのが楽しみです。先々まで一気に読みたくなります。
昔、ドラマ『パパはニュースキャスター』の中で専業主夫の役があって、こういうのもいいなって憧れて見ていた時期がありました。うちは、オヤジが週3日くらい料理を作る家庭でしたし、僕も料理が苦ではないので家庭での役割はさまざまかなと感じますね。
主演の多部さんは、華があってキラッキラしてますね!役の上では思いっきりえこひいきしながら相原さんを応援したいと思います。

<夏子 コメント>
台本をいただき、原作を読ませてもらい、皆さんとお会いして、なんと温かい作品に参加させてもらえるのだろうと心が躍っております。
本読みの時から、目の前で繰り広げられる台詞とキャストの皆さんのおかしみあるお芝居に、早く放送がみたいと一視聴者としても楽しみな気持ちで一杯です。
薬膳居酒屋のセットや衣装に合わせて髪も切り、かりんという新しい人物が自分の中に着々と生まれています。
MRの皆さんが毎週通いたくなるような憩いの場を目指して、そして個性的なお客様方に負けないよう頑張っていきたいと思います。

火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』
TBS系
4月14日(火)スタート
毎週(火)後10・00~10・57
※初回は15分拡大

<あらすじ>
製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマンの相原メイ(多部未華子)は、仕事は誰よりもできるのに、家事が全くできないアラサー独身女性。そんなメイの28歳の誕生日の夜、彼女の散らかり放題の部屋に、突然見知らぬおじさんが現れる。その正体は、全ての家事を完璧にこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)。ひょんなことからナギサさんを家政夫として雇うことになってしまったメイだが「おじさんが家にいるなんて、絶対イヤ!」 と受け入れられない。
一方、仕事では、無敵のMRであるメイの前に、ライバル製薬会社のMR・田所(瀬戸康史)が現れる。自分とは異なる手法で営業先の信頼を得ていく田所にメイは気が気ではなく、ライバル心と警戒心をむき出しにする。しかも田所はライバルだというのに爽やかにメイに急接近し、メイは心までかき乱されることに…。

©TBS