谷原章介、不倫相手役・浅香航大は「とても色気がある役者さん」『黒い画集~証言~』5・9放送 | TV LIFE web

谷原章介、不倫相手役・浅香航大は「とても色気がある役者さん」『黒い画集~証言~』5・9放送

ドラマ
2020年05月08日
『黒い画集~証言~』

 5月9日(土)放送の松本清張ドラマ『黒い画集~証言~』(BSプレミアム)に出演する谷原章介、西田尚美、浅香航大からコメントが届いた。

 このドラマは、松本清張の短編推理小説集「黒い画集」の1編「証言」の舞台を現代に置き換え、ヒューマン・ラブサスペンスとしてリバイバル。原作で描かれる男の悲哀と滑稽さのエッセンスはそのままに、主人公の不倫相手を女性から男性に変更して、バイセクシャルや偽装結婚といった現代的世相を取り入れて描く。

 主人公の医師・石野貞一郎を谷原章介、その妻・幸子を西田尚美、貞一郎の不倫相手の美大生・梅沢智久を浅香航大が演じる。脚本・演出は映画「釣りバカ日誌」シリーズ、ドラマ『遥かなる山の呼び声』『贋作 男はつらいよ』などの朝原雄三が手掛ける。

『黒い画集~証言~』

 谷原は、松本清張作品について「罪を犯したことがないような善良な市民が、ふとしたきっかけで別の一面をあらわにしていく。そんな心の奥底を描く人間描写が魅力」と語り、本作では主人公の不倫相手が男性に変更されていることについて、「同性愛の設定が加わったことで、原作よりさらに複雑で挑戦的な内容になったと思います。浅香さんとは役で相対してみて、あらためてとても色気がある役者さんだと感じました」とコメントした。

『黒い画集~証言~』

 谷原演じる貞一郎の不倫相手役となる浅香は、「僕が谷原さんの不倫相手役という設定変更には驚きましたが、グッと作品の求心力が強まった気がします。僕自身、役者としてもチャレンジングな作品となりました」と語り、谷原とのラブシーンについては「なんとロケの初日、それも冬の金沢の夜の野外で撮影しました。撮影場所が燃え盛る陶芸窯のそばだったのが救いでした。ラブシーンは、谷原さんがとても上手にリードしてくださって円滑に進みました…今思い返すと少し照れくさいですね」と振り返った。

『黒い画集~証言~』

 そんな2人の関係について西田は、「撮影現場でのお2人はとても美しくて純粋で、嫉妬してしまうほどでした」と話し、「金沢でオフの日においしいラーメン屋さんを調べて一人で並んで食べたのですが、次の日の撮影の時にその話しをしたら、谷原さんも浅香さんも、おいしいものがお好きなので、仕事終わりにお二人で『行くぞ!』とラーメン屋さんに向かっていました(笑)。仲良しだなぁと」と明かした。

 最後に谷原は、視聴者に向けて「貞一郎は安定を求める善良な人間です。そんな彼もふとしたきっかけで足を踏み外してしまう。これは誰にでも起こりうる物語だという観点で見ていただけると、より一層楽しめると思います」と。

『黒い画集~証言~』

 西田は「幸子の天真爛漫さの奥に潜むしたたかさ、それがとても怖くて物語に引き込まれます。幸子の心理にご注目ください。それと、ラストが原作とは違っているので、そこも楽しみに見ていただけたら」、浅香は「智久は純粋で素直なだけに、自分を大切にできず、時に生きづらさを感じてしまう。そんな彼の想いや葛藤を感じてもらえたらうれしいです。また3人以外にも個性的な登場人物が多く、とても見応えがあり注目です!」とメッセージを送った。

松本清張ドラマ『黒い画集「証言」』
BSプレミアム
5月9日(土)後9・00~10・29

BS4K
5月23日(土)後7・30~8・59

原作:松本清張「証言」(「黒い画集」より)
脚本:朝原雄三、石川勝己
音楽:沢田完
出演:谷原章介、西田尚美、浅香航大、堀部圭亮、吉村界人、山田佳奈実、宮崎美子ほか
制作統括:原克子(松竹)、後藤高久(NHKエンタープライズ)、髙橋練(NHK)
演出:朝原雄三

©NHK