『麒麟がくる』家康役・風間俊介、桶狭間を語る「感じたのはシンプルな怒り」 | TV LIFE web

『麒麟がくる』家康役・風間俊介、桶狭間を語る「感じたのはシンプルな怒り」

ドラマ
2020年06月07日
『麒麟がくる』

 大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合ほか)に出演する風間俊介からコメントが届いた。

 風間が演じるのは、後に徳川幕府の創始者・徳川家康となる松平元康(幼名・竹千代)。6月7日放送の第21回「決戦!桶狭間」では、尾張・織田軍と三河・今川軍による桶狭間の戦いが描かれた。元康はこの戦いで今川方として参戦するも敗退した。

 第21回では桶狭間への出陣を迫られ、「本日はここを一歩も動きませぬ!」と言い切った元康。その時の心情について風間は「どのような感情なのか、いろいろと考えながら現場に向かったのですが、その場で感じたのはシンプルな怒りでした」と語った。

 そして「それは三河を、そして自分を軽んじられている事に対してなどひもとけばいろいろあるのでしょうが、ただただ腹立たしかったので、そのまま演じさせていただきました。晩年の家康ではそのような対応はしないでしょうが、若さ故なのだと思います」と振り返った。

 幼少期は織田家に人質となってとらわれていた過去も持つ元康。桶狭間の戦いを経て、のちに同盟を結ぶことになる信長については「主君を討った敵であるのと同時に、母との再会をかなえ、三河を我が元に戻すきっかけを与えてくれた。幼き頃に慕っていたこともあり、一筋縄ではいかない思いですよね。尊敬と畏怖、憎しみと親しみ、全てが混ざった禍々しい存在になったと思います」と語っている。

大河ドラマ『麒麟がくる』
NHK総合ほか
毎週(日)後8・00~8・43

©NHK