吉川晃司が主演ドラマ『探偵・由利麟太郎』メイン&EDテーマを書き下ろし | TV LIFE web

吉川晃司が主演ドラマ『探偵・由利麟太郎』メイン&EDテーマを書き下ろし

ドラマ
2020年06月08日
『探偵・由利麟太郎』

 6月16日(火)スタートのドラマ『探偵・由利麟太郎』(フジテレビ系 後9・00)で主演を務める吉川晃司が、ドラマのメインテーマとエンディングテーマを担当することが決定した。

『探偵・由利麟太郎』は、吉川と志尊淳がバディを組んで事件を解決するホラーミステリー。金田一耕助シリーズでも知られる横溝正史の戦後初の本格長編小説「蝶々殺人事件」を含む「由利麟太郎」シリーズを初めて連続ドラマ化する。吉川は、元警視庁捜査一課長という経歴を持つ白髪の名探偵・由利麟太郎を演じる。

 楽曲はいずれもドラマのために書き下ろされた新曲で“都会という荒野を彷徨うカウボーイ”という、役を演じる上でも吉川が大切にしていた「由利麟太郎」のイメージを意識して制作された。

 メインテーマ「Brave Arrow」は、サスペンス調のインスト楽曲で、ドラマのホラー・ミステリー感を表現。ハードボイルドにも通じる硬質なギターと妖しいドブロギターの音色が印象的で、ブルージーなロックテイストもにじむものとなっており、不穏な空気と哀愁が渾然一体となったミステリアスな世界観になっている。

 いっぽう、エンディングテーマ「焚き火」は、カントリー&ウエスタン調の楽曲で由利の孤高感を表現。幽玄と形容したくなるドブロギターと、陰影の深いギターが効果的に使われており、歌詞はわずか2行。ほぼ全編がスキャットという、吉川にとっても初の試みとなっている。

 また、弓で矢を射る武道・弓道の心得もある由利の人物設定から、「犯人を追い詰めることと“正鵠を射貫く”ことも重なるので。ならば矢がいいんじゃないか」と、楽曲タイトルや歌詞には「矢=Arrow」が由利を象徴するキーワードとして使われている。

「Brave Arrow」「焚き火」は、ドラマ初回放送日に合わせ、6月16日(火)より配信限定シングルとしてリリースされる。

吉川晃司

<吉川晃司 コメント>
◆ドラマの楽曲を作る上で心がけたことはありますか?

あくまでもドラマに合った曲をという意識で制作に臨みました。映像作品にプラスの要素をもたらす楽曲でなければ、本末転倒ですから。そこに吉川晃司のイメージは必要ない。あくまでもイメージしていたのは由利麟太郎。ドラマを制作されている方がイメージしている理想の曲の延長線上で、できることならばよりパワーアップできるようにと務めました。

◆「Brave Arrow」と「焚き火」はどんな流れで制作が進行したのでしょうか?

脚本家の方も含めて制作チームと話している時に出てきたイメージがカントリー&ウエスタンでした。そのイメージに沿って、「焚き火」を作り、おおよそ完成してから「焚き火」を展開して広げていって、「Brave Arrow」を作りました。「焚き火」は都会という荒野をさまようカウボーイのイメージです。日が暮れてきて火を焚いて、獲ってきた獲物を火で焼きながら、ウイスキーで体を温めているという。由利麟太郎自身がどこか都会をさまよっているというイメージがあったので、こういう歌になりました。

◆歌詞はわずか2行で、“空に放つ矢のように”というフレーズは「Brave Arrow」ともつながりがあります。歌詞についてはどのように考えていたのですか?

当初からスキャットでいきたい、歌詞はほとんどいらないなと思っていたんですよ。作詞家の松井五郎さんにも「ほぼスキャットでいきたい」という矛盾したお願いをしました。松井さんが用意してくださった中で使ったのは2行だけだったんですが、2行ですべてを言い尽くしていると感じました。スキャットは自分のスタジオでデモテープを録った時にラフに歌ったままのものなんです。スタジオできっちり歌ったら、あの雰囲気は出せませんから。イメージとしては由利麟太郎が歌っている感じです。

吉川晃司

吉川晃司 配信限定シングル「Brave Arrow/焚き火」
発売日:2020年6月16日(火)
吉川晃司オフィシャルHP:http://www.kikkawa.com/https://wmg.jp/kikkawa/

5週連続特別ドラマ『探偵・由利麟太郎』
カンテレ・フジテレビ系
2020年6月16日スタート
毎週火曜 後9・00~9・54
※初回15分拡大放送

原作:横溝正史「由利麟太郎シリーズ」(角川文庫 刊、柏書房 刊)
出演:吉川晃司、志尊淳・木本武宏、どんぐり・田辺誠一
ゲスト出演:新川優愛、水上京香、村川絵梨、浅利陽介、高岡早紀、大鶴義丹、鈴木一真、吉谷彩子、佐野岳、板尾創路ほか

■『探偵・由利麟太郎』PR動画