山下智久「世界中とこの物語を共有できることに興奮」『THE HEAD』バーチャル世界記者会見 | TV LIFE web

山下智久「世界中とこの物語を共有できることに興奮」『THE HEAD』バーチャル世界記者会見

ドラマ
2020年06月08日
『THE HEAD』

 Huluオリジナル『THE HEAD』のバーチャル世界記者会見が行われ、山下智久をはじめ主要キャスト&製作陣がインターネット上で再集結した。

『THE HEAD』は当初、6月上旬にスペインで製作発表記者会見を開く予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、急きょ6月4日にバーチャル記者会見を世界同時で開催。山下ら主要キャストと、製作総指揮のラン・テレム、ホルヘ・ドラド監督、脚本のデヴィッド・パストールら製作陣が、世界各地からオンラインで出席した。

 画期的なストーリー展開にキャスト、製作陣ともに自信を見せる中、劇中で恋愛感情を育んでいくマギーとアキを演じるキャサリン・オドネリー&山下への注目度が高く、記者からは「どうやって関係性を築いていったのか?」という質問が。オドネリーが「普段から一緒にいるようにしました。本当に“はじめまして”の関係で、お互いを知る良い機会だったので、それぞれのキャラクターや文化について話し合いました。現場ではトモのそばにベッタリでした(笑)」と明かし、山下も「本当に素晴らしい女優さんで、仕事がしやすかったし、2人の関係性は画面を通して感じていただけるはずです。世界中の皆さんと、この物語を共有できることにとても興奮しています」と語った。

 また、山下が作詞を手掛けたエンディングテーマ曲「Nights Cold」(7月15日(水)シングルリリース&世界配信)の話題では、スペイン・テネリフェ島とアイスランドでロケをしている時はまだエンディングテーマを担当することは決まっていなかったが「実際に作詞するときはずっと、ロケで訪れたアイスランドの風景を思い出しながら取り組みました」と明かした。

<山下智久 コメント>
世界の皆さんと、この物語を共有できることに、とても興奮しています。僕が演じたアキのキャラクター性については、ホルヘ監督とランとたくさん話をしました。そうやって彼のバックグラウンドをつかんだ後、自分で役の名前を考える機会を頂けたので「アキ」という名前に決めました。「アキ」は日本語で「秋」――熱くも寒くもなる季節です。アキは頭が良く、強くて直感的。仕事にもいつも一生懸命だと思います。と同時に、ミステリアスな面も隠し持っていて、とても興味深い人物。皆さんもきっとワクワクすると思います。
アキと愛情を深めていくマギーを演じたキャサリンは、本当に素晴らしい女優さんで、仕事がしやすかったし、2人の関係性は画面を通して感じていただけるはずです。
今回はありがたいことに、僕の新曲「Nights Cold」が『THE HEAD』のエンディングテーマ曲として流れます。エンディングテーマを担当することは『THE HEAD』のロケをしている時点ではまだ決まっていなかったのですが、実際に作詞をするときはずっと、ロケで訪れたアイスランドの風景を思い出しながら取り組みました。こうして出来上がった楽曲は、抽象的なラブソングになっています。

■『THE HEAD』ティザー映像

Huluオリジナル『THE HEAD』
日本国内では2020年6月12日(金)後10・00からHuluにて独占配信(全6話)

公式Twitter:https://twitter.com/THEHEAD_2020
公式HP:https://www.hulu.jp/static/thehead/