水上京香「ずっと叫んでいます(笑)」『探偵・由利麟太郎』第2話 6・23放送 | TV LIFE web

水上京香「ずっと叫んでいます(笑)」『探偵・由利麟太郎』第2話 6・23放送

ドラマ
2020年06月23日
『探偵・由利麟太郎』

 吉川晃司主演ドラマ『探偵・由利麟太郎』(フジテレビ系)の第2話ゲスト・水上京香のコメントが到着した。

 本作は、吉川晃司と志尊淳がバディを組んで事件を解決するホラーミステリー。地上波連続ドラマ初主演となる吉川が演じるのは、元警視庁捜査一課長という経歴を持つ白髪の名探偵・由利麟太郎。そんな由利を敬愛する助手で、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助を志尊が演じる。

 水上が演じるのは、京都祇園のクラブ「マダム・シルク」のホステス・吉岡エマ。えたいの知れない“黒い影”に襲われる悪夢に悩まされ、何かに憑りつかれたように意味不明な言動を繰り返す、という役どころだ。

<水上京香 コメント>
◆ドラマの企画・台本を読まれた時の感想を教えてください。

2話はホラー要素が強いです。演じるエマは、ずっと叫んでいます(笑)。夏に放送されるので、夏にぴったりな、ちょっとヒヤッとしてもらえるような作品になっているんじゃないかなと思います。

◆横溝正史ミステリー『探偵・由利麟太郎』作品についてはいかがですか?

誰を犯人にしても物語が成り立つなと思いました。ストーリーが入り組んでいて、誰しもが犯人なのかもしれないという、そこに、この物語のすばらしさがあるんだなと思います。
誰が犯人か?というのが、このドラマの面白さの1つですが、ミスリードもあって、最後まで分からないミステリーを楽しめると思います。

◆演じられたエマの印象はいかがでしたか?

何かに依存しやすい、寄りかかりやすい、結構弱い人間のような気がします。そこをベースに、誰に頼ってしまうんだろう、どう頼ってしまうんだろうという部分を考えながら、こういう人物かなと作っていきました。その拠り所が、五月(赤楚英二)なんですけど、頼りすぎてあまりよくないんじゃないかなと思ってしまうくらいの描写があって、エマは、『誰かに頼っていかないと生きていけない』…そんな人間だなと思います。

◆そんなエマを演じてみていかがでしたか?

とにかく喜怒哀楽、起伏が激しくて。毎日テンションの上がり下がりが大きかったです。ケロっと元気に叫んだり、泣けたりする日もあれば、かなり体力を使っても、思うように身体が持ち上がってくれなかったりする日もあったりして…。第2話のタイトルである「憑かれた女」にあるように、どこか乗っ取られているような感覚がありました。コントロールしきれていないのかもしれませんが、自分自身ですらつかみ切れない日もありました。

◆今作の中でも1番叫ばれている役かと思います。

そうですね。叫びっぱなしで(笑)。のどが痛くなったりとか、アレおかしいなと思ったことも多々ありました。今まで叫んだり喚いたりした役はありますが、その中でも頭に酸素が回り切らない感じがして、本当に苦しいなと思いました。

◆では、吉川晃司さんの印象はいかがでしたか?

テレビでしか拝見したことがなくて、物静かでロックな方というイメージでしたが、撮影の合間にお話すると、とても物腰が柔らかくて…あとは、結構おちゃめな方だなという印象です(笑)。私が恋人役の赤楚衛二さんに助けてもらい、抱き合うシーンがあって、それが、吉川さんの近くで抱き締められるシーンだったんです。そしたら、吉川さんが『そんな近くでしてたら、照れちゃうじゃないか(笑)』って言われて(笑)。なんで吉川さんが照れるのって、思いましたけど、そういう、ピュアな気持ちも持たれていて、そんな風に『照れちゃうよ』って言ってくださると、こちらも緊張がほぐれました。すごくストイックな方で、屈強な男という感じももちろんありますけど、ギャップのある素敵な方だなと思いました。

◆2話の見どころ、注目ポイントなど視聴者へのメッセージをお願いします。

人間には、いろんな愛情があると思います。妻を想う気持ち、夫を想う気持ち、子供を想う気持ち、その愛情というものが、いろんな形で出てくるのが2話だと思います。それが真っすぐなのか、きれいなのか、汚れているのか…歪んでいるのか。歪んでいるから悪いことなのか、きれいだからいいことなのか、一概には言えないいろんな愛が出てきます。“何が正しい愛”なのか、ぜひ放送を楽しみにしていただいて、たくさん出てくる愛を感じていただけたらうれしいです。

『探偵・由利麟太郎』
カンテレ・フジテレビ系
毎週(火)後9・00~9・54

原作:横溝正史「由利麟太郎シリーズ」

出演:吉川晃司、志尊淳・木本武宏、どんぐり・田辺誠一ほか

脚本:小林弘利
演出・プロデュース:木村弥寿彦(カンテレ)
プロデューサー:萩原崇(カンテレ)、森井敦(東映京都撮影所)、福島一貴(東映京都撮影所)