現役女子高生シンガー・三阪咲が山田杏奈×玉城ティナ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』主題歌を書き下ろし | TV LIFE web

現役女子高生シンガー・三阪咲が山田杏奈×玉城ティナ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』主題歌を書き下ろし

ドラマ
2020年08月04日
三阪咲
三阪咲

MBS/TBSドラマイズム枠で9月8日(火)にスタートする山田杏奈&玉城ティナW主演ドラマ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』の主題歌が、三阪咲の書き下ろした新曲「友よ恋よ」に決定した。

本作は「別冊少年マガジン」(講談社)で連載されていた原作・岡田麿里、漫画・絵本奈央による大ヒット同名漫画の実写ドラマ化。文芸部に所属する女子高校生5人の物語が描かれる。

昨年、史上初めて現役女子高生シンガーとして「第98回全国高校サッカー選手権大会」の応援歌を担当し、大きな話題を呼んだ三阪。4月からはABEMAの大人気恋愛リアリティー番組『今日、好きになりました。』の主題歌と挿入歌も担当。今回、初の地上波連続ドラマの主題歌を担当する。

現役女子高生の三阪が主人公たちと同じ目線で、作品に参加し 、今の彼女だからこそ表現できる歌でドラマを後押しする。新曲「友よ恋よ」は、本作のために、三阪自身が作詞し書き下ろした楽曲となっている。

オープニングでは、この「友よ恋よ」の楽曲にあわせて、女子高校生を演じる山田杏奈、玉城ティナ、横田真悠、畑芽育、田中珠里らキャストが“荒乙ダンス”を披露する。

三阪咲 コメント全文

今回の『荒ぶる季節の乙女どもよ。』主題歌のお話を頂いた時、うれしくてさけんでしまいました!(笑)
すごく楽しみなのですが、それと同時に、私自身初めてドラマ主題歌を担当させてもらうので、緊張とかプレッシャーもあって、毎日とってもドキドキワクワクしています。
「友よ恋よ」という楽曲を作らせていただいたのですが、この作品は、同じ高校生として共感する部分がほんとにたくさんあって、一つひとつの描写を全部歌詞に盛り込みたいくらいでたし、特に5人のリアルな感情に心を動かされました。
なので、この5 人と一緒に生活しているような感覚や、アドバイスを送るような感覚で作詞をしました。中・高校生の皆さんには少しでも共感してもらえたらうれしいですし、学生ではない皆さんにはこんな時期もあったなと懐かしんでもらえたらうれしいです!
いっぱい考えて悩んで作らせていただいたこの曲が、たくさんの人に届いて、たくさんの人に愛してもらえたらうれしいですし、登場してくる私の大好きな5人にも届いたらなと思います。

番組情報

ドラマイズム『荒ぶる季節の乙女どもよ。』
2020年9月8日(火)スタート

MBS
毎週火曜 深0・59~

TBS
毎週火曜 深1・28~

原作:『荒ぶる季節の乙女どもよ。』原作:岡田麿里/漫画:絵本奈央(講談社「別冊少年マガジン」所載)

出演:山田杏奈、玉城ティナ、横田真悠、畑芽育、田中珠里 ほか

監督:酒井麻衣(『ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~』『恋のツキ』)、井樫彩(『真っ赤な星』『溶ける』)、水波圭太
脚本:岡田麿里(『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』)
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
製作:カルチュアエンタテインメント・MBS

配信情報

2020年9月8日(火)TBS放送終了後よりTSUTAYAプレミアムで独占配信開始
※他社見逃し配信を除く
※状況により配信日時が変更になる場合があります

<あらすじ>
小野寺和紗(山田杏奈)は高校一年生。彼女が所属する文芸部には現在5人の部員が在籍しているが、変わり者の多い文芸部は他の生徒からは「掃き溜め」と揶揄され、部員は皆、色恋沙汰とは縁遠い学生生活を送っていた。
部活動で読む文学作品には性描写が含まれるものもあり、和紗はそこで描かれる行為に気恥ずかしさを覚える一方で、強く興味を惹かれる気持ちも否定できない。ある日、文芸部で「死ぬ前にしたいこと」について語り合っていると、部員の一人、菅原新菜(玉城ティナ)が投じた「セックスです」という一言。その瞬間から彼女たちは、これまで目を逸らしてきた自らを取り巻く“性”に向き合い、“性”に振り回される日々が始まるのだった…。

公式Twitter:@araoto_drama
公式Instagram:araoto_drama
ドラマ公式サイト:https://www.mbs.jp/araoto_drama/

©岡田麿里・絵本奈央、講談社/2020ドラマ荒乙製作委員会・MBS