SixTONESジェシーが『キワドくなりたい男』で連続配信ドラマ初主演!【コメントあり】 | TV LIFE web

SixTONESジェシーが『キワドくなりたい男』で連続配信ドラマ初主演!【コメントあり】

ドラマ
2020年08月26日

Paraviオリジナルストーリー『キワドくなりたい男』

9月11日(金)スタートの山田涼介&田中圭が共演する金曜ドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』(TBS系)のParaviオリジナルストーリー『キワドくなりたい男』が独占配信されることが決定した。

『キワドい2人~』は、第56回江戸川乱歩賞を受賞した横関大による刑事小説「K2 池袋署刑事課 神崎・黒木」をドラマ化。山田演じる人情派の生真面目キャリア刑事・神崎隆一と、田中演じる超破天荒なキレ者刑事・黒木賢司の最強凸凹バディが、池袋の街で巻き起こる凶悪事件に挑む。

Paraviオリジナルストーリー『キワドくなりたい男』の主人公となる諸星一朗を演じるのは、連続配信ドラマ初主演となるジェシー(SixTONES)。

『キワドくなりたい男』は、ジェシー演じる池袋署刑事課・強行犯係の真面目すぎる若手刑事・諸星一朗が、ドラマ本編で難事件を華麗に解決していく“キワドい2人”神崎・黒木バディの背中を追いかけながら、「一人の男としての自信、一人の人間としての自信」を取り戻していく物語。

優秀な若手として池袋署にやってきたものの、「真面目だなあ」と言われるだけで、事件捜査のたびに衝突を繰り返し、危なっかしく見える神崎・黒木よりちっとも目立てない自分。そんな自分の殻を打ち破るため“キワドい男”を目指す諸星が、バカバカしく回り道をしながらも、一人の男として可能性のドアを解放していく。

現代を生きるリアルな20代社会人世代の葛藤、その葛藤の末に出会った一人の女性とのロマンス、そして「自らの魅力を再発見する」までが描かれるほか、本編とは違ったラブストーリーとしての要素も。

また、諸星のバディで強行犯係の頼れる姉貴的な存在、木村ともこ(江口のりこ)や、諸星の同僚で池袋署一女子力が高い石館美空(奥山かずさ)も登場。本編では描き切れない、バディ木村とのコミカルなやりとりも必見だ。

ビジュアル撮影では、スーツをビシッと身にまとい、カメラマンの指示のもと次々にポーズを決めたジェシー。プロデューサーの「キワドくなりたい、という感じを出してください」という指示にも力強い目線で完璧に応え、まわりのスタッフも思わず「キワドくなりたい感じ、出てますね…」と感心する名演を見せた。

ジェシー(SixTONES)コメント

SixTONESのジェシーです!
Paraviで、しかも主演としてやらせてもらえるとは思っていなかったので、とてもうれしいです!
本編とはひと味違った諸星を演じているのでぜひ注目していただきたいのと、木村役を演じる江口のりこさんとたくさんの掛け合いをしているので、そちらも楽しんでもらえたらなと思います。ぜひ見てください!

プロデューサー 中島啓介・塩村香里コメント

「キワドくなりたい男」は、キワドい男を夢見る主人公・諸星(ジェシー)の、愛と成長の物語です。本編では真面目な刑事としてキッチリと仕事に励んでいる若手刑事が、その裏で一体何に悩み、何を考え、どのように毎日を一歩前に踏み出しているのか。そのバカバカしくも一生懸命すぎる男の苦悩と、そんな男の希望となっている一人の女性とのロマンスを、本編と共にお楽しみいただければと思います。

配信情報

Paraviオリジナルストーリー『キワドくなりたい男』
2020年9月11日(金)スタート
『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』放送後に配信予定

<出演者>
ジェシー(SixTONES)
江口のりこ
奥山かずさ ほか

<あらすじ>
池袋署刑事課・強行犯係の「真面目すぎる若手刑事・諸星一朗(ジェシー)」。諸星が黒木(田中圭)の調査報告書を代わりに作成していると、バディである木村(江口のりこ)に「いつまでもそんなんしてたら、今に神崎君にも追い越されるんじゃないの」と言われてしまう。新人の神崎(山田涼介)に負けたと思い悔しがっていると、諸星の携帯にマッチングアプリの通知が鳴る。メッセージの相手はマッチングアプリで最近知り合ったパプリカちゃん。ここ数日やりとりをしているのだが、諸星は勇気がなく本当の連絡先を聞けずにいた。メッセージを読んでにやけていると、木村に「仕事が終わったんなら、ちょっと付き合わない?」と誘われ…。

©TBS