石原さとみ主演『アンサング・シンデレラ』第8話に田中幸太朗、東根作寿英がゲスト出演 | TV LIFE web

石原さとみ主演『アンサング・シンデレラ』第8話に田中幸太朗、東根作寿英がゲスト出演

ドラマ
2020年08月27日

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』

石原さとみ主演の木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)の第8話(9月3日(木)放送)に、田中幸太朗、東根作寿英がゲスト出演することが決定した。

本作は、日本の連ドラ史上初となる、病院薬剤師を主人公にした新・医療ドラマ。萬津総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどり(石原さとみ)が、新人の相原くるみ(西野七瀬)、先輩の瀬野章吾(田中圭)ら薬剤部の面々と共に、患者の“当たり前の日常”を守るために奮闘する姿を描いていく。

第8話で田中が演じるのは、アレルギー性鼻炎に悩み、萬津総合病院で薬をもらっている増田航平。増田の調剤を担当するくるみは、増田が高い頻度で薬をもらいにくることを不思議に思い、「薬はまだ残っているはずだ」と問うが、増田は「もうないです」と冷たく答え、そそくさとその場を去ってしまう。出産を控える妻が入院中のため、幼い息子・翔太の面倒を一人で見ている増田。そんな余裕のない増田が薬を頻繁に受け取る理由とは?いっぽう瀬野は、翔太が目をかゆそうにこすっているのを気にする。

東根作が演じるのは「笹の葉調剤薬局」の代表・仁科敦夫。「笹の葉調剤薬局」は在宅医療に特化した薬局で、在宅医療を学ぶためにやってきたみどりと小野塚(成田凌)を連れて、さまざまな患者の家を回りながら、仕事を説明する。

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』

  1. 1
  2. 2