深田恭子主演『ルパンの娘』名探偵一家の娘役で橋本環奈が参戦!【コメントあり】 | TV LIFE web

深田恭子主演『ルパンの娘』名探偵一家の娘役で橋本環奈が参戦!【コメントあり】

ドラマ
2020年09月09日

『ルパンの娘』

10月15日(木)にスタートする深田恭子主演の木曜劇場『ルパンの娘』(フジテレビ系)に、新キャストとして橋本環奈、松尾諭、我修院達也、伊吹吾郎の出演が決定した。

本作は、代々「泥棒一家」“Lの一族”の娘・三雲華(深田恭子)と、代々「警察一家」の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)との決して許されない恋愛を描いたラブコメディー『ルパンの娘』の続編。

昨年7月期に放送された前作に続いて、深田、瀬戸をはじめ、華の父・三雲尊役の渡部篤郎、華の母・三雲悦子役の小沢真珠、華の兄・三雲渉役の栗原類、華の祖母・三雲マツ役のどんぐり、華の祖父・三雲巌役の麿赤兒、和馬の祖父・桜庭和一役の藤岡弘、、和馬の父・桜庭典和役の信太昌之、和馬の母・桜庭美佐子役のマルシア、華の幼なじみで世界を股にかける泥棒・円城寺輝役の大貫勇輔が続投する。

そして、今作から新キャストとして橋本環奈、松尾諭、我修院達也、伊吹吾郎の出演が決定。

橋本が演じるのは、京都で代々続く「名探偵一家」の娘・北条美雲。亡くなった父は「平成のホームズ」、一緒に暮らす祖父・宗真は「昭和のホームズ」と呼ばれた名探偵で、彼女自身も「令和のホームズ」を目指して日々鍛錬を積んでいる。

執事もいる裕福な北条家で「お嬢」と持てはやされて何不自由なく育ったが、ある事件に巻き込まれ、北条家は没落、美雲は莫大な借金を背負ってしまう。宗真が「自分に何かあれば“Lの一族”を追え」と語っていたことから、美雲は“Lの一族”が犯人に違いないと、“Lの一族”を探しだし復讐を果たすことを心に誓う。

松尾は、和馬が左遷されてきた所轄の上司・蒲谷隆太を、我修院は、北条家に代々仕える老執事・山本猿彦を、伊吹は「昭和のホームズ」と呼ばれた美雲の祖父・宗真を演じる。

  1. 1
  2. 2