『エール』ハナコ岡部大、窪田正孝との撮影に感動「なんてナチュラルなんだ」 | TV LIFE web

『エール』ハナコ岡部大、窪田正孝との撮影に感動「なんてナチュラルなんだ」

ドラマ
2020年09月17日

『エール』

連続テレビ小説『エール』(NHK総合ほか)に出演するハナコ・岡部大からコメントが届いた。

岡部が演じるのは、茨城出身の田ノ上五郎。主人公・古山裕一(窪田正孝)と同じように小山田先生(志村けん)の作曲入門を読んで作曲を学んだという人物で、放送中の第14週「弟子がやって来た!」では、裕一に弟子入りした五郎の古山家での居候生活が描かれている。

岡部は、五郎という役柄を演じるにあたり、「五郎の真面目さは自分と似ているなと思う一方で、親に売られて奉公に出されるなどつらい境遇は、僕自身とかけ離れすぎていて、自分の家族がバラバラになってしまうことを想像しながら人物像を作っていきました」と語った。

また、「五郎のつらい背景が少しでも見えるように、あまりお腹いっぱいにならないようにご飯を我慢していました」と明かした。

裕一役の窪田正孝との撮影では、毎シーン感動しかなかったと語る岡部。「普段の僕はコントで声を張ったり変な顔をしたり大げさな芝居ばかりです。だからか窪田さんの裕一は、なんてナチュラルなんだと衝撃を受けました」と。

そして「お芝居というより裕一さんとして存在しているようですし、せりふもサラサラっと言われるんですよね。頑張ってつられるようにお芝居したいなと思っていましたが、僕の五郎は、一言、一言、置きにいっちゃう感じになっちゃいました」と振り返った。

9月17日放送の第69回では、五郎と同じく古山家に居候し、執筆活動に励んでいる梅(森七菜)に告白されるシーンも。「実は僕の撮影初日が梅ちゃんに告白されるシーンだったんです!リハーサルでは、少しタメて『好き』だったんですが、本番ではすごくタメて『好き!』で、初日でやられましたね(笑)。監督とも、五郎は暮らしの中で梅を好きになっていたようにしようと話していましたが、僕的には、完全に最初のシーンでメロメロになっていました」と明かした。

今後の五郎については、「五郎は感情表現が豊かな役なので、泣きたいときはすごく悲しい顔を、楽しいときはすごく笑って、そういった気持ちを汲み取ってがんばって表現しました。コロコロ変わる表情や眼差しを見てほしいです!」とアピール。

最後に「『エール』では、これからしっかりと戦争を描いていきます。その中で、戦意高揚の曲を作られる裕一さんの葛藤がすごく大事な部分になってくると思うので、悲しい場面は少し多くなってきますが、しっかり見てほしいなと思います。その先は、絶対に前を向く場面も出てきますし、これまで以上にエールを送りたくなると思いますよ!」とメッセージを送った。

番組情報

連続テレビ小説『エール』
NHK総合ほか
毎週(月)~(土)前8・00~8・15
※土曜日は1週間を振り返る。

©NHK

この記事の写真