lolの「sign」が真矢ミキ主演『さくらの親子丼』主題歌に決定 | TV LIFE web

lolの「sign」が真矢ミキ主演『さくらの親子丼』主題歌に決定

ドラマ
2020年10月08日

『さくらの親子丼』

10月17日(土)スタートの真矢ミキ主演ドラマ『さくらの親子丼』(東海テレビ・フジテレビ系)の主題歌がlolの新曲「sign」に決定した。

「オトナの土ドラ」初のシリーズ第3弾となる本作は、傷ついた子どもたちと世話焼きおばさんが織り成す、苦難と希望のヒューマンドラマ。今作の舞台は、前作に引き続き“民間子どもシェルター”となっている。

主題歌は“傷ついた子どもたちに希望の光を”という思いを込めて書き下ろされたlol-エルオーエル-の新曲「sign」。メンバーのhibikiは、民間子どもシェルター「第2ハチドリの家」イチの暴れん坊・高野みどり役で出演する。

『さくらの親子丼』

さらに、ポスタービジュアルも完成。主人公の九十九さくらを演じる真矢ミキの穏やかな表情とともに、キャッチコピーである「もう、ひとりじゃない。」と子どもたちに語りかけるような仕上がりとなっている。

lol-エルオーエル- コメント

メンバーのhibikiが女優として、初めてレギュラー出演させてもらった作品の主題歌をグループ、チームのメンバーで担当できたのは、とても嬉しいです。出演:メンバー、主題歌:lol-エルオーエル-というのは、1つの夢でもあったので、実現できました!日々、ファンに接して、話を聞いていると、ライブでは楽しんでくれているけど、いろいろな問題を抱えている人が多くいて、このドラマにあるような話も聞きます。もちろん私たちも順風満帆ではないけれど、私たちにできることは、歌で寄り添うこと、少しでも気分転換や、力になれることを信じて歌を歌い続けることです。この曲を聴いて、何かしらのPOWERや、きっかけにつながるとうれしいなと思います。

真矢ミキ コメント

子どもたちの、そして大人になる前の彼らのヒリヒリした心の叫びが胸に深く刺さります。 この「sign」を聴くたびに、今日こそ誰かのために生きたいと思えてならないのです。コロナウィルスの陰で増え続ける虐待…この曲が一人でも多くの人の心に届き社会が動きますように。

河角直樹プロデューサー コメント

デモを拝聴し、この曲こそ、まさに私共の思いを具現化した曲だと確信しました。メロディーの展開の中で、失意のどん底に光が差す瞬間が、希望が悲しみを打ち負かす瞬間が、まるで物語のようにしっかりと伝わってきます。それが生き生きとしたビートに乗り心の奥底に迫ってきて、自然と気持ちが高揚するのを感じたのです。また、本ドラマの舞台である、子どもシェルター「ハチドリの家」は、傷ついた少年少女が羽を休める場所です。そんな設定に、男女さまざまな声が交錯して、一つの世界を表現する lol の歌は、ぴったりはまっていると思います。

番組情報

オトナの土ドラ『さくらの親子丼』
東海テレビ・フジテレビ系全国ネット
2020年10月17日スタート
毎週土曜 後11時40分~深0時35分(予定)
※初回は後11時50分~深0時45分
全10回(予定)

企画:市野直親(東海テレビ)
企画協力:古賀誠一(オスカープロモーション)
プロデューサー:河角直樹(東海テレビ)、中頭千廣(東海テレビ)、浦井孝行(アップサイド)、岸川正史(アップサイド)
原作・脚本:清水有生
演出:阿部雄一、谷川功、最知由暁斗
音楽:富貴晴美
協力:オスカープロモーション
制作:東海テレビ、アップサイド

この記事の写真