元子役・鬼越トマホーク金ちゃんが『監察医 朝顔』で月9初出演!「集大成の演技」 | TV LIFE web

元子役・鬼越トマホーク金ちゃんが『監察医 朝顔』で月9初出演!「集大成の演技」

ドラマ
2020年11月02日

『監察医 朝顔』

11月2日(月)にスタートする上野樹里主演の“月9”ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)の第2話(11月9日(月)放送)に、鬼越トマホークの金ちゃんが出演することが決定した。

本作は、2019年7月期に放送された、主人公で法医学者の万木朝顔(上野樹里)と、父でベテラン刑事の万木平(時任三郎)が、さまざまな事件と遺体に向かい合い、かたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かし、遺体から見つけ出された“生きた証”が、生きている人たちの心まで救っていくヒューマンドラマの続編。月9ドラマ初となる2クール連続で放送される。

第2話では、ひとけのない空き地で、中学生の矢野諒が遺体で発見される。野球のユニホームを着て亡くなっている諒の傍らには野球のグローブが、空き地の金網には野球のボールが挟まっていた。その現場の様子に、野毛山署から駆けつけた平はどことなく不自然なものを感じる。
諒の遺体は、朝顔たちの元へ運ばれ、解剖の結果、諒はみぞおちに何か強い衝撃を受けたために心停止になった可能性があることが分かる。検視官の丸屋大作(杉本哲太)は、みぞおちを殴られて殺されたということなのか、そこまでハッキリさせてほしいと朝顔たちに迫るが、今の段階ではその判断はできないと答え、何より、まだ中学生の諒の遺体を家族の元に返すことが先決だという朝顔たちの提案に、一同はまとまる。そして、諒の身元確認のため、諒の祖母と兄が訪れる。遺体安置所で、諒の兄である一馬(かずま)に会った朝顔たちは、諒と同じ顔をした一馬に驚き、諒と一馬が双子の兄弟であることを初めて知る。

金ちゃんが演じるのは、諒と一馬が共に所属する少年野球チームの監督・三輪。練習の厳しさは父兄の間では有名で、時に指導がエスカレートし、所属する少年にキツい言葉を浴びせることも。そのコワモテの風貌と合わさり、三輪が怖くて辞めていった少年たちは数知れない。平たちは諒の関係者の1人として、三輪へも事情を聞くが、三輪には諒が亡くなった時間に確固としたアリバイがないことが分かり…。

金ちゃんは、子役として活動をしていた経験があり、『ぼくらの勇気 未満都市』(日本テレビ系/1997年)にも出演したことがある。本作は、芸人としてデビューをしてから初めてのTVドラマ出演で、自身初の月9ドラマ出演となる。

鬼越トマホーク・金ちゃん コメント

「子役を挫折して20数年、まさかの芸人になって月9デビューさせていただきました!思い返せばチビノリダーのオーディションに行って“太っているからチビとデブ2つ乗っかっちゃうからダメ”とか“太っている子役は内山信二君だけで充分”と少年の頃の挫折が自分の血となり肉となりました。自分自身集大成の演技となっております。ぜひご覧ください!」

プロデューサー:金城綾香(フジテレビ第一制作室)コメント

「監督と、“会ってみたい!”ということでオファーさせていただき、現場でお会いできた時は大興奮しました!毒舌も飛び出さず、とても紳士的でした。撮影用のフェイスシールドがあまりに窮屈で顔にくっついてしまった役者さんは、9話まで撮影が終わった『監察医 朝顔』ですが、今のところ唯一、金ちゃんさんだけです」

番組情報

『監察医 朝顔』
フジテレビ系
2020年11月2日スタート
2020年秋・2021年冬2クール連続
毎週(月)後9時~9時54分
初回30分拡大

<出演者>
上野樹里、時任三郎、風間俊介、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES)、藤原季節、斉藤陽一郎、坂ノ上茜、田川隼嗣、宮本茉由、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、加藤柚凪・大竹しのぶ(特別出演)・戸次重幸、平岩紙・杉本哲太、板尾創路、山口智子、柄本明 他
第1話ゲスト:片桐はいり、松田元太(Travis Japan/ジャニーズJr.)
第2話ゲスト:金ちゃん(鬼越トマホーク)

<スタッフ>
原作:香川まさひと、漫画:木村直巳、監修:佐藤喜宣「監察医 朝顔」(実業之日本社)
脚本:根本ノンジ(『監察医 朝顔』『サ道』『相棒 season17』など)
音楽:得田真裕
法医学監修:上村公一(東京医科歯科大学)
法歯学取材:斎藤久子(千葉大学)、勝村聖子(鶴見大学)
医療監修:髙田哲也、佐藤留美子(日吉メディカルクリニック)
プロデュース:金城綾香(『監察医 朝顔』『グッド・ドクター』『5→9~私に恋したお坊さん~』など)
演出:平野眞(『監察医 朝顔』『ショムニ』シリーズ、『HERO』シリーズなど)、阿部雅和(『監察医 朝顔』『婚活刑事』『ナースのお仕事・再会編』など)
制作:フジテレビ

©フジテレビ