佐久間由衣が『監察医 朝顔』第3話にゲスト出演「今回の現場は宝物」 | TV LIFE web

佐久間由衣が『監察医 朝顔』第3話にゲスト出演「今回の現場は宝物」

ドラマ
2020年11月16日

『監察医 朝顔』

上野樹里主演の“月9”ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)の第3話(11月16日(月)放送)に、佐久間由衣がゲスト出演する。

本作は、2019年7月期に放送された、主人公で法医学者の万木朝顔(上野樹里)と、父でベテラン刑事の万木平(時任三郎)が、さまざまな事件と遺体に向かい合い、かたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かし、遺体から見つけ出された“生きた証”が、生きている人たちの心まで救っていくヒューマンドラマの続編。月9ドラマ初となる2クール連続で放送される。

第3話では、神奈川県と山梨県の県境にある小さな倉庫で、遺体が発見された。検視官の丸屋大作(杉本哲太)から電話があり、遺体の発見現場へ向かう朝顔。到着すると、現場には、丸屋と神奈川県警の刑事たちの他に、検視官の伊東純(三宅弘城)を含めた山梨県警の刑事たちがいた。

ちょうど県境で遺体が発見されたことから、この事件をどちらが扱うか、丸屋と伊東の間でもめていたのだが、結果、神奈川県警が捜査を担当することになり、朝顔は遺体と対面する。

遺体は、タキシードに蝶ネクタイの姿で完全にミイラ化をしていた。そのため、年齢も死亡時期も特定が困難で、さらに現場からは身元確認できるものは何も見つからない。

しかし、遺体が着ているタキシードと蝶ネクタイが、神奈川県警が20年前から追っている指名手配犯が着ていたものと同型ということが分かり、朝顔はこの遺体が指名手配犯なのかどうか、絶対に特定してほしいと言われる。

佐久間が演じるのは、この遺体の人物と生前に深い関わりのあった吉野佳奈という女性。佳奈は遺体の真実をめぐるキーパーソンとして、朝顔たちの前に現れる。

  1. 1
  2. 2