松坂桃李が広報マンに!『今ここにある危機とぼくの好感度について』21年4月放送決定

ドラマ
2020年11月25日

土曜ドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について』(NHK総合)が、2021年4月より放送スタートとなることが決定。併せて、主演の松坂桃李ほか出演者も発表された。

『今ここにある危機とぼくの好感度について』は、長い伝統を誇る名門・帝都大学を社会の縮図として、我々が直面しているさまざまな問題を描く風刺コメディー。『カーネーション』の脚本家・渡辺あやによるオリジナル脚本だ。主演の松坂桃李は、帝都大学の広報担当者・神崎真を演じる。

前職はテレビ局のアナウンサーで、その如才なさと知名度、マスコミ出身というキャリアを買われ、学生時代の恩師・総長(松重豊)からじきじきに声を掛けられた神崎。しかし、次々に巻き起こる不祥事に巻き込まれ、その場しのぎで逃げ切ろうとするも徐々に追い込まれていく。

優柔不断な総長、事なかれ主義の上司(渡辺いっけい)、正論を吐くがちょっとウザい教授(高橋和也)、自由すぎる変人教授(池田成志)など、クセの強い面々に振り回されるうち、事態はどんどんドツボに。

しかし、不正を告発した若手研究者・みのり(鈴木杏)との出会いをきっかけに、「なんか、おかしくね?」という心の声が頭をもたげてくる。やがて大学内部だけにとどまらない大きな危機が訪れ…。果たして帝都大学はどこへ向かうのか、その行方に注目だ。

<番組情報>

『今ここにある危機とぼくの好感度について』
NHK総合
2021年4月スタート
毎週土曜日 後9・00〜9・49

出演:松坂桃李 鈴木杏 渡辺いっけい 高橋和也 池田成志
温水洋一 斉木しげる 安藤玉恵 岩井勇気 坂東龍汰 吉川愛 若林拓也 坂西良太
/國村隼/古舘寛治 岩松了 松重豊 ほか
語り:伊武雅刀

©廣瀬靖士