手嶌葵の新曲「ただいま」が綾瀬はるか×高橋一生『天国と地獄』主題歌に | TV LIFE web

手嶌葵の新曲「ただいま」が綾瀬はるか×高橋一生『天国と地獄』主題歌に

ドラマ
2020年12月18日

『天国と地獄~サイコな2人~』

綾瀬はるかが主演を務める2021年1月17日(日)スタートの日曜劇場『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)の主題歌が、手嶌葵の新曲「ただいま」に決定した。

本作は『義母と娘のブルース』(2018年)など、数々のヒットドラマを手掛けてきた森下佳子によるオリジナルストーリー。

警視庁捜査第一課の刑事・望月彩子(綾瀬はるか)と、サイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋一生)の魂が入れ替わってしまう、究極の“入れ替わりエンターテインメント”だ。

主題歌の「ただいま」は作詞・いしわたり淳治、作曲/編曲・村松崇継のヒットメーカーコンビによる、手嶌葵の切ないウィスパーヴォイスが印象的な、至極のバラード。手嶌が、地上波のテレビドラマ主題歌を担当するのは5年ぶり2度目となる。

手嶌葵 コメント

日曜劇場『天国と地獄~サイコな2人~』の主題歌を歌わせていただきます手嶌葵です。
テレビドラマの主題歌として、皆さんに歌をお届け出来るのは、非常に有難く思っております。
曲名は「ただいま」。
ドラマは、魂が入れ替わったり、善と悪が入れ替わったり、天国と地獄が入れ替わったり…
サスペンスかな~と思ったりもしますが、ちょっとコミカルな要素もあるようで。
1月からのオンエア、主題歌「ただいま」も楽しみにしていただければと思います。
手嶌葵でした。

編成・プロデュース 渡瀬暁彦 コメント

魂が入れ替わった2人は、お互いの事をどう思うようになるのでしょうか。
目まぐるしく動いていく運命の先に待ち受けるのは、互いのことを深く知り過ぎてしまったからこその「愛」か、それとも、それぞれの場所に戻る「ただいま」か。
キャストスタッフ一同真摯に作り上げているこのドラマに、手嶌葵さんの透明感のある歌声のラブソングが加わり、多くの方の心に届くようなドラマを創っていきたいと思っています。

番組情報

日曜劇場『天国と地獄~サイコな2人~』
TBS系
2021年1月17日(日)スタート
毎週日曜 後9・00~9・54
※初回25分拡大

©TBS

この記事の写真