武井咲、『黒革の手帖』SPで3年ぶりドラマ復帰「パワーをもらっていただけたら」 | TV LIFE web

武井咲、『黒革の手帖』SPで3年ぶりドラマ復帰「パワーをもらっていただけたら」

ドラマ
2021年01月07日

『黒革の手帖~拐帯行~』

武井咲が主演するドラマスペシャル『黒革の手帖~拐帯行~』(テレビ朝日系)が、1月7日(木)後8時から放送される。

原作は、作家・松本清張の名作小説。2017年7月期放送の連ドラの続編で、武井が悪女のヒロイン・原口元子を再び演じる。前作では元子がメガバンクから横領した1億8千万円と借名口座のリストが記された“黒革の手帖”を武器に銀座のママに上り詰めたが、ラストには警察の手が及んだ。

今作はそれから3年後が舞台。刑期を終えた元子が古都・金沢へ渡り、誰も自分を知ることのない地で再び頂点を目指しはい上がっていく姿を描く。共演は渡部篤郎、毎熊克哉、安達祐実、風間杜夫ら。前作に引き続き仲里依紗、高畑淳子、高嶋政伸らも登場する。

3年ぶりのドラマ復帰となる武井は「『黒革の手帖』は、私の人生の大事なポイントで携わらせていただいてきた、とても大切な作品。ドン底まで落ちたはずの元子がまたはい上がってくる様を、楽しんで演じることができました。皆さんも、そんな元子の姿を見て楽しみ、そしてパワーをもらっていただけたらうれしいです」と語っている。

  1. 1
  2. 2