五関晃一演じる熱血教師が体育祭にこだわる理由とは…『ワンモア』第5話が5・3放送

ドラマ
2021年04月28日

A.B.C-Z主演のドラマ『ワンモア』(メ〜テレ)第5話が、5月3日(月)深夜0時15分より放送される。

『ワンモア』はそれぞれに事情を抱えながらも、夜間定時制高校に通い、他人の人生と触れ合うことで自らと向きあい、成長していく5人の姿を描く物語。A.B.C-Zのメンバーが主演している。

作品の舞台となる定時制高校は年齢や境遇の違う生徒たちが集まる場所であり、さまざまな背景を持つ大人たちが他者と出会うことで成長し、再起を図る。今だからこそ人とのコミュニケーションや触れ合いの大切さを伝える、苦しい境遇だけれどちょっとずつ前を向きたくなる学園ドラマだ。

五関扮する熱血教師の水野は生徒たちに楽しく学んでもらおうと、毎回レジェンド教師のコスプレを仕込んで登壇。これまで第1話では赤ジャージに竹刀を持って、第2話ではサングラス着用でグレートなティーチャーのセリフを放つ。

その後も昭和50年代にお茶の間が“熱中”した北海道生まれの小学校の先生や熱血ラグビー教師など、世代を超えて語り継がれるレジェンドたちをオマージュしてきた。今回の第5話では、水野が体育祭を開きたい理由とクラスの団結を描く。

ある日、体育祭をやってみたいという生徒の思いを受けた水野。実現に向けて奔走するも、周辺住民の反対や全日制の不良生徒からの妨害で思うように進まない。それでもあきらめない水野が、体育祭にこだわる理由とは…。

骨太なストーリーを和ませる役割も担っている五関は、新米教師・水野について「教師に強いあこがれを持って赴任してきて、リスペクトしているドラマの教師のモノマネを授業中にするんです。台本を読んだとき、キャスティング河合(郁人)と間違ってんじゃないの? これ俺じゃなくて河合だな。と思ったくらい」だったという。

そんな水野を演じることになった五関だが、本作について「『大人が青春して何が悪い!』というドラマのキャッチコピーどおり、青春イコール学生時代ではなく、本気で打ち込んでいたら年齢問わずそれは青春だ。と熱い気持ちになってもらえたらと思います」とメッセージを寄せた。

なお、本作はテレビ神奈川(tvk)でも毎週土曜の夜10時30分より放送中。また、無料見逃しサイトTVer・GYAO!では第4話が、Amazonプライムビデオでは第1話以降すべての回が配信中だ。

動画

【予告】メ~テレドラマ「ワンモア」 第5話PR

番組情報

『ワンモア』
メ〜テレ:毎週月曜 深0・15〜
tvk:毎週土曜 後10・30〜

番組HP:https://www.nagoyatv.com/onemore/

©メ〜テレ