池松壮亮が目黒蓮主演『海のはじまり』でフジ系連ドラ初出演 初回放送日は7月1日【コメントあり】

ドラマ
2024年06月03日
池松壮亮
池松壮亮

目黒蓮が主演を務める7月期月9ドラマ『海のはじまり』(フジテレビ系 毎週月曜 午後9時~9時54分)に、池松壮亮の出演が決定。また、初回放送日は7月1日(月)で30分拡大で放送されることが発表された。

本作は、『silent』を手掛けた脚本・生方美久、演出・風間太樹、プロデューサー・村瀬健が集結し、人と人との間に生まれる愛と、そして家族の物語を丁寧に描く“親子の愛”をテーマにした完全オリジナル作品。

主人公・月岡夏(目黒)は大学時代にふとしたきっかけで付き合うようになった同級生・南雲水季と幸せな日々を送っていた。しかし、就職活動を迎えようとしていたある日、突然、彼女から別れを切り出され、そのまま2人は別れることに。それから7年がたち、今は百瀬弥生(有村架純)と付き合い、新しい人生を歩んでいる。

そんな夏だったが、大学時代の友人からの連絡で、水季が亡くなったことを知る。別れを告げられて以来一度も会うことがなかったこともあり、その事実に実感が湧かないまま葬式へと向かった夏は、そこで海(泉谷星奈)という名の幼い女の子と出会う。その女の子が、水季の子供だということを知った夏は驚きを隠せない。そして、水季の母親である朱音(大竹しのぶ)から、自分が海の父親だと聞かされる。水季が、自分の知らないところで、自分との間に出来た子供を生み、何も言わずにその子供を育てていたことを知った夏は、水季と海が過ごした7年という月日に思いをはせ…。

本作において1つの大きなテーマとなるのが“親子の愛”。人はいつどのように“父”になり、いつどのように“母”となるのか。自分の子供が7年間生きていることも、これまでをどう生きてきたかも知らなかった夏と、突然自分の人生に現れた海という2人の関係や、亡くなった彼女と娘との間の母と子の関係など、登場する人物たちの中にある“親と子”の間に生まれる感情をリアルに、そして丁寧に描く。

新たに出演が発表された池松壮亮が演じるのは、海の母親・水季が夏と別れた後に働いていた図書館の同僚・津野晴明。津野は、水季が海といられないときに海を預かってあげたり、保育園のお迎えに行ったり、シフトの調整をしたりと仕事面だけでなく、さまざまな場面で育児や生活についても水季と海を支えてきた。

水季の葬儀で、海がひとりぼっちにならないようにそばにいるときに偶然、夏と出会う。名前だけ聞いていた海の父親と初めて対面した津野は、夏が水季の事情を何も知らないことを知り「この7年のこと、ほんとに、何も知らないんですね」と言い放つ。

なお、池松は本作がフジテレビ系連続ドラマ初出演となる。

池松壮亮 コメント

◆出演オファーを受けての印象を教えてください。

これまでほとんどドラマを通ってこなかった自分に、このような作品のオファーが届いたことに初めは驚きました。『silent』以降、素晴らしい物作りをされるチームがあるといううわさを耳にしていました。場違いにはならないか、自分が参加することでこの既にすてきなドラマを少しでもより良いものにできるのか、考える時間をたくさんいただきましたが、プロデューサーの村瀬さんと出会い、生方さんの生み出す脚本に出会っていくうちに、深く、確かにこの物語に魅了されていくのを感じました。

◆台本を読んでの印象について。

親子とは何なのか、過去と今と未来と共に生きながら、人が人を想うとはどういうことなのか。この壮大なテーマに、丁寧に心を込めて向き合い、ダイナミックに挑むこの脚本に大きな感銘を受けました。さまざまな愛の形があり、私たちがつながりの中で生きていることを思い出させてくれるような確かな物語でした。愛に答えは出ませんが、愛とは何かを問い直すということに、この作品の大きな意味を感じています。

◆今回演じる津野役の印象、また演じる上での意気込みを教えてください。

演じる上で難しい役どころだと感じていますが、こういう人だ、こういう役割だと最後まで決めつけず、1クールという長い時間をかけて、津野という人に一つ一つ出会っていけたらなと思っています。

◆視聴者へのメッセージをお願いします。

たくさんの方に愛される作品になるように、この夏の皆さまの楽しみ、思い出深いドラマになるように頑張ります。

プロデュース 村瀬健(フジテレビ ドラマ・映画制作部)コメント

素晴らしい役者さんが、『海のはじまり』に参加してくださります。それも、まさかの池松壮亮さんです。正直、池松さんを地上波連ドラにお迎えできるとは思っていませんでした。今回、どうしても池松さんに演じていただきたい役があったので、難しいことは承知の上でお声がけをさせていただきました。脚本をお読みいただき、ご本人にお会いしてこの作品に込める想いと池松さんでなければならない理由を伝えさせていただいたところ、お引き受けいただけるとのお返事をいただき、その場で飛び上がりそうになりました。池松さんのお芝居のすごさに関しては、説明するまでもないと思います。悦びや悲しみ、優しさや強さといった感情はもちろんのこと、この世の正義も悪も、怒りも赦しも、そのすべてを何気ない表情やちょっとした仕草で表現されるすごい方だとずっと思っていました。感情を内側から表現するというか、心の奥にある隠された別の感情みたいなものを感じさせてくれる、言葉にできないすごい芝居をする方だとずっと思っていました。その池松さんのお芝居を、僕自身が連ドラで見たいと思ったのです。10時間という長い時間をかけて人の心の移ろいを描けるのが連続ドラマの強みだと僕は思っています。このドラマで池松さんに演じていただく津野は、夏と別れた後、一人で海を育てていた水季のそばにいて、彼女にそっと寄り添っていた人物です。そのことを夏は全く知りません。水季の死をきっかけにして突如現れた夏に対して、津野は何を思うのか。そこから動きはじめる津野の感情、微妙に揺れ動いていく心を、池松さんにしかできない表現方法で演じていただけることを、僕自身が誰よりも楽しみにしています。

番組情報

『海のはじまり』
フジテレビ系
2024年7月1日(月)スタート
※初回30分拡大
毎週月曜 午後9時~9時54分

出演者:目黒蓮、有村架純、泉谷星奈、池松壮亮・大竹しのぶ ほか

脚本:生方美久(『silent』『いちばんすきな花』、第33回フジテレビヤングシナリオ大賞『踊り場にて』)
音楽:得田真裕(『silent』『いちばんすきな花』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『グッド・ドクター』『監察医 朝顔』シリーズ、『アンナチュラル』『MIU404』ほか)
プロデュース:村瀬健(『silent』『いちばんすきな花』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『信長協奏曲』、映画『キャラクター』、映画『約束のネバーランド』ほか)
演出:風間太樹(『silent』『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』『うきわ-友達以上、不倫未満-』『脚本芸人』、映画「バジーノイズ」「チア男子!!」「チェリまほTHE MOVIE~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」ほか)
髙野舞(『silent』『いちばんすきな花』『アライブ がん専門医のカルテ』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『あなたがしてくれなくても』『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』ほか)
ジョン・ウンヒ(『いちばんすきな花』ほか)
制作・著作:フジテレビ

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/uminohajimari/
公式X:https://twitter.com/umi_no_hajimari
公式Instagram:https://www.instagram.com/umi_no_hajimari
公式TikTok:https://www.tiktok.com/@umi_no_hajimari

©フジテレビ