• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山﨑賢人×新田真剣佑×永野芽郁のアニメ超大作「二ノ国」本編映像解禁

映画「二ノ国」

 8月23日(金)公開のアニメ映画「二ノ国」から、映画を代表する本編シーン映像が解禁された。

 本作は、製作総指揮/原案・脚本:日野晃博(「レイトン」シリーズ)×監督:百瀬義行(『おもひでぽろぽろ』原画)×音楽:久石譲
(『千と千尋の神隠し』)という日本を代表するドリームメーカーが贈るアニメ超大作。

 高校ではトップクラスの秀才で、車いすで生活している主人公“ユウ”の声を演じるのは山﨑賢人。ユウの親友の高校生“ハル”に新田真剣佑、2人の幼なじみでハルの彼女“コトナ”と「二ノ国」のエスタバニア王国の“アーシャ姫”の2役を永野芽郁が演じる。また、宮野真守、津田健次郎、坂本真綾、梶裕貴、山寺宏一といった声優ドリームチーム、さらにはムロツヨシ、伊武雅刀ら実力派俳優が脇を固める。

 現実の世界(一ノ国)から、命がつながっているもう一人の自分が存在する“二ノ国”へと、偶然にも迷い込んでしまったユウとはる…。幼なじみのコトナと、二ノ国の姫君アーシャの命がつながっていると知ってしまった時、ユウとハルは“命”をめぐる〈究極の選択〉を迫られる。2人が最後に選んだものとは…。

 解禁された映像は、主人公ユウ(山﨑)が、魔法の世界“二ノ国”のお姫様アーシャ姫(永野)と飛空艇に乗り、清めの湖へ向かうシーンの映像。スタジオジブリで多くの名作を描いてきた百瀬監督は、多くのスタジオジブリ作品で何の前触れもなく、ふとした瞬間に誰かを好きになるシーンを描いてきた。このシーンのユウもそれと同じく、アーシャに恋をした瞬間だと語る普遍的な名シーン。製作総指揮・脚本を務める日野も、魔法のようなファンタジー世界だけでなく純粋なラブストーリーも入れたかったと語っている。

 トップクリエイターたちの想いが詰まった幻想的な映像美に、日本音楽界を代表する久石が瑞々しい音楽が吹き込み、本作を代表する名シーンが完成した。久石は「観客に寄り添う」ことを基本としているが、本作では「今回はエンターテインメントなので、久しぶりに状況や人物の心情に添って作った」という。さらに、“一ノ国”では室内構成、“二ノ国”ではフルオーケストラと、使う音楽を厳密に使い分けたという。

 現実世界の“一ノ国”で、ユウは親友・ハル(新田)の彼女コトナ(永野)に想いを寄せていた。そして、迷い込んだ二ノ国でユウは、呪いにより命を落としかけているアーシャ姫を救うことになったが、コトナに似ているだけでなく、どことなく惹かれる彼女が気になり城へ会いに行くことに。

 そこで、姫と会ったユウは、姫の世話をする妖精族ダンパ(梶裕貴)らと共に、姫の体に残った“邪悪な気”をはらうため、飛空艇に乗り、清めの湖へと向かうことになる。

 ユウはアーシャ姫と話をするうちに、コトナとの共通点に気づき、無邪気な様子とは裏腹に、どこか寂しげで弱さを見せるアーシャ姫に心惹かれていく。

「二ノ国」
8月23日(金)全国ロードショー

<ストーリー>
冷静沈着で車いすのユウ、バスケ部の人気者のハル、ハルの彼女コトナの3人は幼なじみ。ある日、突然襲われたコトナを助けようとしたユウとハルは、現実世界と並行する魔法世界「二ノ国」へ引き込まれる。そこは命がつながった“もう一人の自分”がいる世界。次第にユウはコトナにそっくりなアーシャ姫に惹かれていく。
しかし、そこには「コトナの命を救うにはアーシャの命を奪わなければいけない」という残酷なルールがあった――。コトナを救いたいハル。アーシャを守りたいユウ。“大切な人の命”をかけた究極の選択が迫る時、ユウとハルが下した決断とは――?

<キャスト>
山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁
宮野真守、坂本真綾、梶裕貴、津田健次郎
山寺宏一/伊武雅刀、ムロツヨシ

<スタッフ>
製作総指揮/原案・脚本:日野晃博
監督:百瀬義行
音楽:久石譲
主題歌:須田景凪「MOIL」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)
原作:レベルファイブ
アニメーション制作:オー・エル・エム
製作:映画「二ノ国」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画

©2019 映画「二ノ国」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える