• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

テレ東・佐久間Pら各局の制作陣が審査!『ツギクル芸人グランプリ』7・24放送

『ツギクル芸人グランプリ2019』

『ツギクル芸人グランプリ2019』(フジテレビ)が7月24日(水)深0時35分から放送される。

 漫才・ピン芸・コントなどジャンルを問わず、今後の芸能界でスターとなる芸人「ツギクル芸人」を発掘するために日本音楽事業者協会とフジテレビが手を組んで開催する年に一度のお笑いコンテスト。

 2003年から行われている『お笑いホープ大賞』『お笑いハーベスト大賞』を一新し、テレビにほぼ出演したことのない超若手から知る人ぞ知る中堅実力派まで、111社の芸能プロダクションで構成される一般社団法人日本音楽事業者協会に所属するお笑い芸人の中から、3か月に渡る予選会を勝ち抜いた16組が笑いの才能をぶつけ合う。

 審査員を務めるのは、現場で番組制作に携わる民放各局の現役売れっ子クリエイターたち。審査員長は渡辺正行が務める。

 審査は、予選会を勝ち抜いた16組を抽選で3ブロックに分け、それぞれがネタを披露。審査員とスタジオの観客が一番面白かった芸人に1票投票。審査員一人ひとりのジャッジ、そして一般審査票の結果を合わせて各ブロックの1位通過者3組を決定する。さらに、1stステージで敗れた13組の中から審査員の合議制で決定した敗者復活“ワイルドカード”枠1組が加わり、計4組がファイナルステージでチャンピオンの座を争う。

<渡辺正行(審査員長)コメント>
◆収録の感想は?

「皆力つけていろいろなネタを出してくるので、すごくいい大会でした。この“ツギクル芸人”というネーミングが良かったね。皆がピリピリした空気感ではなく『M-1みたいな“本戦”じゃないんだよ』というニュアンスでくるんでくれて。もちろん“勝ってやるぞー”という気持ちはあるけど、やる側も見る側も温かい気持ちでいられたね。登場した芸人さんたちは愛されキャラが多かったような気がしますよ」

◆各局のバラエティー制作陣と審査したことの感想は?

「局の垣根を超えて、若手を求めているという感覚がよく分かりました。意見が合致したり分かれたり、面白かったね。敗者復活の“ワイルドカード”を選ぶときは、次のムーブメントを持ってこよう!という意気込みで、打ち合わせしました。“ちゃんとみんなそういう目で見ているんだなー”と本当に新鮮でした」

『ツギクル芸人グランプリ2019』
フジテレビ
7月24日(水)深0時35分~3時05分

<出演者>
MC:小島瑠璃子
佐野瑞樹(フジテレビアナウンサー)

<決勝進出者>
アイロンヘッド(吉本興業)
岡野陽一(プロダクション人力舎)
かが屋(マセキ芸能社)
サツキ(サンミュージックプロダクション)
ザ・パーフェクト(サンミュージック)
ザ・マミィ(プロダクション人力舎)
さんだる(ホリプロコム)
Gパンパンダ(ワタナベエンターテインメント)
寺田寛明(マセキ芸能社)
納言(太田プロダクション)
ファイヤーサンダー(ワタナベエンターテインメント)
馬鹿よ貴方は(サンミュージックプロダクション)
畑英之(三木プロダクション)
宮下草薙(太田プロダクション)
や団(ソニー・ミュージックアーティスツ)
吉住(プロダクション人力舎)
※50音順

<審査員>
渡辺正行
元祖爆笑王(放送作家)
佐藤哲夫(パンクブーブー)<民放各局の審査員>
安島隆(日本テレビ『行列のできる法律相談所』ディレクター)
芦田太郎(テレビ朝日『あいつ今何してる?』演出・プロデューサー)
神尾祐輔(TBS『ドリーム東西ネタ合戦』『櫻井・有吉THE夜会』総合演出)
佐久間宣行(テレビ東京『ゴッドタン』演出・プロデューサー)
木月洋介(フジテレビ『ネタパレ』『痛快TVスカッとジャパン』チーフプロデューサー)

番組サイト:https://www.fujitv.co.jp/tsugikuru/

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える