• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

Snow Man深澤辰哉が刑事役に初挑戦「メンバーの気持ちも背負って挑んだ」

『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』

 10月6日(日)スタートのWOWOWオリジナルドラマ『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』に、池田鉄洋、深澤辰哉(Snow Man/ジャニーズJr.)、平埜生成らが出演することが分かった。

 「殺人分析班」シリーズは麻見和史の原作を基に木村文乃主演で2015年「石の繭」、2016年「水晶の鼓動」として放送された警視庁の犯罪捜査を描くWOWOWオリジナルドラマ。本作では、シリーズ2作で鮮烈な印象を残した殺人犯“トレミー”こと八木沼雅人(本作では野木直哉と名乗る)が、いかにして冷徹無比な殺人鬼になったのかが描かれる。

 殺人鬼でありながらどこか見る者を惹きつけ、高い人気を誇ったトレミーは、引き続き古川雄輝、彼に想いを寄せるヒロイン・浅田吉佳役をSUMIREが演じる。

 池田と深澤が演じるのは、本作の本筋となる川崎で起きた“首くくり殺人”事件の捜査をする刑事。“首くくり殺人”事件の捜査本部が発足し、池田演じる神奈川県警捜査一課刑事の井口智一が現場に配属される。井口は、刑事として確固たる信念を持っている現場主義者で、捜査線上に浮上した野木(古川雄輝)の存在を不審に思う。

 井口の部下・相棒として動くのが、深澤演じる川崎南署の所轄刑事・矢島啓介。深澤は本作で刑事役に初挑戦する。矢島は、井口の言動は正しいという信念があり、井口の前では本音が出てしまう。

 平埜が演じるのは、吉佳(SUMIRE)の兄・浅田剛志。剛志と吉佳は母親違いの兄妹。妹に金をせびり、自分の思いどおりにならなければ暴力を振るうこともいとわない無慈悲な男を怪演する。剛志と野木はお互いににらみをきかせており、剛志による吉佳への暴力を野木が止めようとしたことで、野木の抱える闇があらわになっていく。

 この他、千葉哲也、阿南健治、二階堂智、鶴見辰吾ら実力派俳優が脇を固める。

<池田鉄洋(井口智一役)コメント>
■本作のオファーを受けた時の印象

自分で言うのもなんなんですが、大抜擢だと思いました。捜査一課の刑事なんて立派な役(笑)を頂けて恐縮しました。プロデューサーの皆様と内片監督の心意気にお応えしなくてはと身が引き締まりました。

■最初に脚本を読んだ時の感想

「してやられた」という感想です。予想外の結末に、驚き、戦慄しました。『石の繭』のスピンオフとして最高のストーリーだと思いました。

■視聴者へのメッセージ

殺人分析班シリーズのファンの皆様の期待を最高の形で裏切る面白さだと思います。スピンオフですが、見応えは本編に負けないと思います、って、ちょっと言い過ぎですかね(笑)

<深澤辰哉(矢島啓介役)コメント>
■本作のオファーを受けた時の印象

Snow Manのメンバーとして初めて僕がWOWOWのドラマに出演するのですが、彼らの気持ちも背負って挑ませていただきました。
最初に出演のお話を頂いた時、刑事役は初めてだったので「ドッキリなのかな」と思っていました(笑)。台本を渡されて、そこで「本当だったのか」とようやく実感できたのです。刑事という普段とはかけ離れた役柄を演じられるということで、とても楽しみにしておりました。緊張はしましたが、とても楽しく、充実した撮影期間にできたと思います。それがこの作品に反映できていたらいいなと思います。

■最初に脚本を読んだ時の感想

脚本を読んだとき、内容がとても面白いので、その作品に自分が関わることに対して不安や戸惑いがありました。ですが、「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」を拝見して、とても楽しみな気持ちに変わりました。とにかく見ていただければ、どれだけの愛を注ぎ込んで作った作品かが分かるかと思います。

■視聴者へのメッセージ
この作品に参加できて、自分だけの力で良い作品は作れないのだな、とあらためて実感しました。スタッフ、共演者の皆様に恵まれて、本当に素晴らしい作品になると思うので、皆さんとこの作品を盛り上げていけたらと思います。応援のほどよろしくお願いいたします!

<平埜生成(浅田剛志役)コメント>
■本作のオファーを受けた時の印象

殺人分析班という人気シリーズのスピンオフ作品に、SUMIREさん演じる妹の吉佳に猛烈な暴力を振るってしまう兄という、一筋縄ではいかない、重く難しい役をいただけた事を光栄に思いました。最後までけがなく、無事に撮影を終えられることを祈りました(笑)。

■最初に脚本を読んだ時の感想

とても緻密で、また衝撃的なシーンが多く、どこまで映像化するのだろうかとドキドキしながら読み進めました。そして、剛志はその多くを担う役どころ。脂汗が止まりませんでした。

■視聴者へのメッセージ

殺人分析班シリーズを見たことがない方でも、楽しめる、見応えある作品です。是非、よろしくお願いいたします。
あ、剛志を演じる僕が言うのは変かもしれませんが、お酒、ストレス、いかなる理由があっても、暴力はダメです!

WOWOWオリジナルドラマ『悪の波動 殺人分析班スピンオフ』
WOWOWプライム
10月6日(日)スタート(全5話)[第1話無料放送]
毎週日曜 後10時30分

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、各話終了後 見逃し配信
TSUTAYAプレミアムでも10月6日(日)配信スタート

<ストーリー>
2014年、川崎市内で女性ばかりを狙った連続殺人事件が起きる。被害者は皆、首をつられて殺されており、世間では“首くくり殺人”などと呼ばれていた。犯人の手掛かりがつかめず警察の捜査は難航するが、捜査一課の刑事・井口(池田鉄洋)はこの殺人事件の容疑者として、古びたアパートに暮らす男・野木直哉(古川雄輝)をマークしていた。
野木の本名は八木沼雅人。6歳のときに母親と一緒に誘拐され、瀕死の状態で発見された“昭島母子誘拐事件”の被害者だった。野木は身元を詐称してアパートに暮らし、気配を消して息を潜めながら生活していたのだが、警察はそんな野木への疑いを深めていく。そんな中、野木は隣に住んでいた吉佳(SUMIRE)と接触。お互い恵まれない環境で育った2人に、通じ合う何かが生まれてくるのだが…。

原作:麻見和史「石の繭 警視庁殺人分析班」(講談社文庫刊)
脚本:清水 匡
音楽:諸橋邦行
監督:内片輝 山本大輔
チーフプロデューサー:松永綾
プロデューサー:植田春菜 北川雅一
製作:WOWOW TBSスパークル

出演 :古川雄輝 SUMIRE 深澤辰哉(Snow Man/ジャニーズJr.) 平埜生成 千葉哲也 阿南健治 二階堂智 鶴見辰吾 池田鉄洋 ほか

公式サイト:https://www.wowow.co.jp/drama/hadou/
TSUTAYAプレミアム:http://tsutaya.tsite.jp/premium/
※各話放送終了後より配信予定

©「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」パートナーズ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える