• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

関口宏が中学生と「子どもたちの戦争」について語り合う『終戦スペシャル』8・11放送

『終戦スペシャル』

 『終戦スペシャル「子どもたちの戦争」』(TBS)が8月11日(日)に放送される。

 戦争で命を落としたのは、兵士だけではなかった。年端もいかない子どもたちも、都市部を焼き尽くした大空襲で命を落とし、空襲を生き延びた者も戦争孤児となって飢えや伝染病で次々に死んでいった。この番組は戦争によって過酷な運命をたどった子どもたちの生と死を、証言取材で後世に残そうというものだ。

 家族から引き離され、疎開を余儀なくされた子どもたち。国策としての疎開は、いかに行われたのか。実は東京大空襲では、疎開していたはずの小学6年生が数多く犠牲になっていた。一晩で10万人の命を奪った大空襲で、6年生の子どもたちはなぜ、命を落とすことになったのか。子どもたちの生死を分けた“空襲の地獄”を、生存者の貴重な証言や残された資料から、子ども目線でひもといていく。

 また、空襲を生き延びたものの、親も家も失った戦争孤児たちが直面した“戦後の地獄”にも焦点を当てる。食べ物もなく、頼る大人もいない。路上生活を余儀なくされた子どもたちはどう生きたのか。浮かび上がるのは当時12万人以上いたという、知られざる“孤児の悲劇”。番組では“子どもの戦争被害”に注目し、戦争の現実を伝える。

 司会は、昨年の終戦特番で「学徒出陣」をテーマに現役大学生と共に戦争を考えた関口宏。今回は関口の後輩でもある立教池袋中学校と立教新座中学校の3年生20人と、立教大学のキャンパスで「子どもたちの戦争」について語り合う。

 さらに昭和史研究の第一人者であるノンフィクション作家の保阪正康氏をゲストに迎え、疎開政策や戦争孤児たちの処遇に関しても検証する。

『終戦スペシャル』

<関口宏 コメント>
僕は、あの戦争が風化しないように伝えていくことが、この仕事をやっている一つの役目だと思っています。
この番組は、VTRを流すだけではなく、そのVTRを若い人たちと一緒に見るという試みをしました。
中学生たちは、みんな率直に語ってくれたと思います。良い意見がすごくありました。「知った以上は次へと伝えていかなければいけない」と語った子どももいて、「後世へ伝える」という気持ちになってくれたのかなと思います。

『終戦スペシャル「子どもたちの戦争」』
TBS
8月11日(日)後2・00~3・24

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真