• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

関口メンディーが“ムダマッチョ”なテキトー男に!新木優子&高良健吾『モトカレマニア』出演決定

『モトカレマニア』

 新木優子&高良健吾W主演のフジテレビ系10月期木曜劇場『モトカレマニア』に、EXILE/GENERATIONSのパフォーマー・関口メンディーが出演することが決定した。メンディーがゴールデン・プライム帯のドラマに出演するのは今回が初で、フジ系ドラマに出演するのも初となる。

 本作は、「Kiss」(講談社)で連載中の瀧波ユカリによる同名コミックをドラマ化。元カレの存在を引きずり、“モトカレマニア(MKM)”になった女の子の混乱と暴走と試行錯誤の物語だ。

 メンディーが演じるのは、新木優子演じる難波ユリカが勤めるチロリアン不動産の同僚で、小手伸也演じる同社社長・安藤一朗が結成した“ハラミ会”(ハラスメントを未然に防ぐ会)のメンバー・白井忠文。周囲から“ムダマッチョ”と言われるほど無責任かつテキトーで筋骨隆々の白井は、先輩、後輩にかかわらず、全方向からのイジられキャラ。だが、白井本人はユリカに対して先輩風を吹かせようとするなど、かわいらしい面も。ユリカと高良健吾演じるマコチとの恋模様が実は気になっている。

<関口メンディー コメント>
◆ゴールデン・プライム帯のドラマ初出演が決まって

「最初にお話を頂いた時は、自分で言うのも少し変ですが、自分はキャラが濃く、なかなかお芝居でハマる役はあまりないと思い込んでいたので、正直“これはドッキリかも”と疑ってしまいました(笑)。ですが、正式にお話を頂き、初めてのゴールデン・プライム帯での連続ドラマの出演ということで、数々の実力ある役者さんと交じり、お芝居をさせていただくことは自分にとっても確実に貴重な経験になると思うので、まわりのキャラの濃い俳優陣の皆さんの中でも、ストーリーの中でも、一つのエッセンスとなれるように精いっぱい頑張りたいと思います!」

◆原作を読んだ印象

「自分の中にあった女性は“過去の恋を引きずらない”という固定概念を打ち崩されたとともに、それをコミカルに描く様にどんどん物語に引き込まれていきました。働く人たちの日常、その中での恋、過去の恋愛、読者が共感できるポイントが多く、新木さん演じるユリカや登場人物に自然に感情移入してしまう印象です」

◆白井という役を演じることについて

「決して仕事ができないわけではないけれど、根底に他人任せなところがあり、お調子者。でも憎めない、というような愛嬌のあるキャラクターだと思うのですが、自分も日頃からまわりの方々に迷惑をかけたり、お世話になることが多いので、少し通ずる部分がある気がします!原作同様、かわいげがあり、憎めない視聴者の皆さんからも愛される白井を演じられるように頑張りたいと思います!」

◆初共演となる新木優子さん、高良健吾さんの印象は?

「新木さんは女優、そしてモデル。数々の顔を持つ多才な方という印象が強いです。その中でもまだまだ見せていない一面や才能があるのではないかとイメージをさせる不思議なオーラを持った方だと感じています。高良さんは一度街中でお会いしたことがあるのですが、気取らず、気さくな印象でした。役の幅も広く、数々の役を演じて来られた実力のある役者さんといった印象です。今回お二人とご一緒させていただけることがとても光栄です」

◆このドラマへの意気込みと番組を楽しみにしている視聴者へのメッセージ

「誰にでも“諦めンディー”できない恋があると思います。そんな視聴者の皆さんが共感でき、その背中を押してくれるような作品になると思います!“自分になんて…”と、そこで“足止めンディー”をくらってしまっている皆さん、きっと一歩前に踏み出す勇気をもらえるはずです!それでは毎週木曜日の夜にお会いしましょう!“モトカレマニア”と共に新しい恋を始めンディー!!!!!!」

<プロデュース 草ヶ谷大輔(フジテレビ 第一制作室)コメント>
「白井は原作にも登場する、気弱で器が小さい保身的な“無責任男”です。本来であればこのキャラクター設定だけを聞くと、やせ型・小柄の情けないキャスティングイメージを抱くのですが、今回は、あえてその真逆をいく、筋骨隆々・高身長でたくましい関口メンディーさんに演じていただくことで、視聴者の皆様からより愛される白井になるのではと思い、オファーさせていただきました。メンディーさんの鍛え抜かれた肉体の“無駄遣い”をぜひお楽しみください!」

木曜劇場『モトカレマニア』
フジテレビ系
10月17日スタート
毎週(木)後10時~10時54分
(初回15分拡大 後10時~11時9分)

<キャスト>
新木優子、高良健吾、浜野謙太、田中みな実、よしこ(ガンバレルーヤ)、森田甘路、関口メンディー(EXILE/GENERATIONS)、加藤虎ノ介、大地、井上翔太・小手伸也、山口紗弥加 他

原作:瀧波ユカリ『モトカレマニア』(講談社「Kiss」連載)
脚本:坪田文
プロデュース:草ヶ谷大輔
演出:並木道子、相沢秀幸
制作著作:フジテレビジョン

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える