• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

医師・内藤いづみが実践する“在宅ホスピス”の現場に密着『情熱大陸』10・6放送

『情熱大陸』
©MBS

 10月6日(日)放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系)は、医師・内藤いづみに密着する。

 超高齢化社会の日本。厚生労働省の2014年の人口動態統計によると、病院で亡くなる人が70%以上もいる中、政府はプロジェクトチームを設置し、在宅医療を推進し始めた。

 山梨県・甲府に小さなクリニックを構える医師・内藤いづみは、午前中の外来を終えると白衣を脱ぎ、往診に出かける。内藤を待っているのは、最期の時を自宅で過ごしている患者たちだ。

 勤務医時代、先端医療優先で、患者の意志にかかわらず、無機質な病院で人生の最期を迎える医療の在り方に疑問を感じていた。その時に出会った末期がんの若い女性患者との出会いから、ホスピス医療に興味を持つようになったという。

 そんな中、イギリス人の夫の転勤によって移住したホスピス医療の本場イギリスで、自分が目指していた終末期医療を見つける。それは、医療に管理されるのではなく、最後まで自分らしく生き抜けるように、心と体の痛みを取り除きながら、患者だけでなくその家族も支えるものだった。

 帰国後、日本でまだホスピス医療の概念がない時から、24時間休むことなく「命に向き合う医療」のために、その人の病状や環境、家族や周囲の人間関係までも配慮した、究極の“その人のための医療”を実践。患者が自分らしく人生を精いっぱい生き切る“お手伝い”をしているという内藤は、自宅で人生を終える終末期医療の在り方を今も模索し、もっとホスピス医療を知ってもらいたいと全国で公演活動をしている。

「そこには希望があり、笑顔があります」という内藤。死の現場で、なぜ笑顔があるのか?今回は「内藤先生が大好き」という94歳、老衰で人生の幕を閉じようとしている女性とその家族を通して、内藤が実践する「在宅ホスピス」の現場に密着。内藤の熱い思いに迫る。

<医師・内藤いづみ プロフィール>
1956年、山梨県六郷町(現・市川三郷町)生まれ。現在63歳。
1981年3月、福島県立医科大学卒業、三井記念病院で研修医として勤務。
1983年、東京女子医大病院・第一内科勤務。1986年、イギリス人の夫と共にイギリスへ移住。プリンス・オブ・ウェールズ・ホスピスで研修を受ける。
1991年に帰国。湯村温泉病院に勤務。
1995年、甲府にふじ内科クリニックを開業、院長として在宅ホスピスケアを実践するとともに、全国で終末期医療に関する講演活動を展開、執筆活動も開始。
NPO日本ホスピス・在宅ケア研究会元理事、ホスピス在宅ケア研究会やまなし代表。
内閣府はばたく女性人材バンクメンバー登録、やまなし大使任命、2017年度から大正大学客員教授。
趣味は読書、音楽鑑賞。

©MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真