• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

屋良朝幸「見どころしかないです!」ミュージカル『ロカビリー☆ジャック』

『ロカビリー☆ジャック』

 ミュージカル『ロカビリー☆ジャック』のフォトコール&囲み取材が行われ、屋良朝幸、海宝直人、演出の岸谷五朗、楽曲をプロデュースした森雪之丞、斉藤和義が登壇した。

 岸谷、森とは2015年の『ソングライターズ』以来だという屋良は「今回に関しては五朗さんと雪之丞さんに自分の3年半の間でどう成長したかっていうのを見せたくて。家にいる段階からすごい練習して準備したりしてました」と。

 また「この作品で今まで思ったことない感情が一個あって。初めて稽古が終わってほしくないって思ったんですよ。それぐらい稽古場が楽しすぎて。今日も終わっちゃうんだってちょっと一人さみしくなってました」と明かし「本番に入っても日々成長だと思っているし、また明日から始まりますけど、千秋楽までどんな変化が起きているのか楽しみにしていきたいなって思っています」と語った。

 屋良の演技に、森は「五朗ちゃんとちょっとここのセリフは長いかな、切ろうかって言ってたら、屋良っちがセリフしゃべったときに良すぎて“これは残そう”という風になりました。気持ちが乗り移るといいますか、素晴らしいと思います」と。岸谷も「素晴らしい役者なので屋良という舞台俳優は。全て備えている力を持っている勉強してきた実力派なので。何の役を渡しても安心ですね」と屋良への絶大な信頼を明かした。

『ロカビリー☆ジャック』

 テーマソングを含む9曲の楽曲を作曲した斉藤は「あの部屋でチマチマ作ってたのが、みんな歌って踊って、うわ~~って。不思議でしたね」と。そんな斉藤に屋良は「今、隣に斉藤和義さんがいるっていう現実がちょっと良く分かってないです(笑)。一緒に並べるもんなのかぁと思って。まさか和義さんが作ってくれる音楽を歌えるっていうことも想像もつかなかったですから、すごいうれしいです」と語った。

 さらに斉藤のデモをもらったときのことを振り返り「今まで僕が歌ってきた音楽っていうのとは本当に真逆だし、ロカビリーっていうのは今まで縁がなかったですからすっごい聞きました。和義さんの良さをどう盗んで、それをどう腑に落とすかっていう。そっくりそのままは歌えないので、自分らしくいくにはどうしたらいいかなっていうのは一番もがきましたね、今回」と。

 屋良演じるジャックの相棒を演じる海宝について、岸谷は「斉藤和義の楽曲の魅力がもうものすごいんですよ。斉藤和義が強すぎて、違う俳優たちが歌ったときにまずがっかりするはずなんです。ところが直人が一発目歌ったときに泣きました。それにプラス演技が入って、こいつただもんじゃないなって。ミュージカルを愛している男たちだなと。そのへんを皆さん楽しみにしていただいきたいです」と語った。

 これに対し、海宝は「本当に最初にデモを頂いた時に斉藤さんの世界観っていうものは、これは自分が歌うことがまず想像できなくって。歌唱指導の福井小百合さんと『もうちょっとアーティスティックに歌っていいんじゃない?』とか『それミュージカルっぽいからやめて』っていうやりとりがあったりとか(笑)。そういうのもすごい新鮮で、それもすごく楽しい稽古でした」と語った。

『ロカビリー☆ジャック』

 「見どころしかないです!」と豪語する屋良は、最後に「本当に皆さんたくさんの期待してらっしゃると思いますが、確実にその期待をはるかに上回る作品が出来たと思いますので、楽しんで、むしろ一緒に曲を覚えてもらって参加しちゃったりしてもいいと思うので、ぜひ劇場に遊びに来てください。お待ちしてます」と呼びかけた。

 ミュージカル『ロカビリー☆ジャック』は、日比谷・シアタークリエで12月30日(月)まで公演。12月19日(木)、20日(金)、24日(火)、25日(水)の公演回では、通常のカーテンコールに加え、クリスマスver.スペシャルカーテンコールを行う。さらに24日、25日の3公演の来場者には、特製マスキングテープのプレゼントも用意されている。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える