• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

向井理、バディ役・寺尾聰は「背中で教えてくれる方」『そろばん侍SP』来年1・3放送

『そろばん侍SP』

 2020年1月3日(金)に放送される『正月時代劇「そろばん侍 風の市兵衛SP~天空の鷹~」』(NHK総合ほか)の試写会が行われ、向井理と寺尾聰が出席した。

写真をもっと見る(全16枚)

 本作は、辻堂魁の小説「風の市兵衛」シリーズを原作に、清貧を旨とする無欲の侍が、得意のそろばんで武家、大店などさまざまな家を渡り、風のようにしなやかな剣で悪を退治していく『そろばん侍』(2018年放送)の続編。主人公の渡り用心・唐木市兵衛を向井が演じ、今作で市兵衛の主となる息子の死の真相を探る老侍・中江半十郎を寺尾が演じる。

『そろばん侍SP』

 前作で斬新なストーリーや立ち回りに手応えを感じていたという向井は「今回はさらに立ち回りもパワーアップしていますし、寺尾さんという強力なバディを組んで撮影できたことがとても思い出に残る作品になりました。いろんなアイデアや経験ができる作品なので、続編をやれたらいいなと思っています」と語った。

『そろばん侍SP』

 寺尾は「向井君の『そろばん侍』を見てずっとうらやましいなと思っていました(笑)。時代劇をやりたくてうずうずしていたのですが、なかなかチャンスがなくて」と明かし、「向井君と共演は2回目なんですが、同世代の俳優さんたちの中でこれだけクールに涼しくスマートに侍を演じられる人はそういないと思う」と向井を絶賛した。

 さらに寺尾は「元々、向井君とは相性が良いと思っていました。向かい合っても落ちついて芝居を作っていける。理屈じゃないんですが、演技するうえでは相性が一番大事なことだと思っていて。何だか知らないけど向井好きなんだよね(笑)」と話し、「向井君がこのシリーズを地上波でずっと続けてくれることを望みます」と伝えた。

『そろばん侍SP』

 すると向井は照れながらも「寺尾さんは背中で教えてくれる方で、今回は以前よりも背中が大きく見えました。言葉よりも佇まいや醸し出す雰囲気で役柄を成立させる。それは僕のようなキャリアではできないので、寺尾さんじゃなきゃ成立しなかった役だと思います。寺尾さんがいなかったらこの作品は存在していなかった」と語った。

 最後に向井は「時代劇には携帯電話も防犯カメラもないし、いろんなトリックが成立しやすい。電話もないので、直接会ったり手紙を渡したり、そこにもいろんなドラマがある。今のようなコンプライアンスもない時代なので自由度が高く、あえて今時代劇をやるほうがいろんな可能性があると思います」と。

 寺尾は「人間関係やアクションが現代劇よりも飛躍できるので、その分、芝居をする方もいろんな形や思いを込めることができる。もっともっと時代劇の時間が欲しいと思う」と時代劇の魅力を語った。

『そろばん侍SP』

『正月時代劇「そろばん侍 風の市兵衛SP~天空の鷹~」』
NHK総合・BS4K
2020年1月3日(金)後9・00~10・30

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える