• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

元FBI特別捜査官が未解決事件の真相に迫る!『特捜!最強FBI緊急捜査』12・15生放送

 日曜THEリアル!『特捜!最強FBI緊急捜査 日本未解決事件を追う!』(フジテレビ系)が、12月15日(日)後8時から放送される。

 この番組は、さまざまな角度から事件を再検証し、真相に迫る人気シリーズ。第6弾となる今回は、MCに髙嶋政宏を迎え、番組初の生放送で送る。

 今回、捜査官らが挑むのは2008年5月7日未明に発生した「京都舞鶴女子高生殺害事件」。この事件は、当時15歳だった小杉美穂さんが深夜、舞鶴市内の川沿いの雑木林で殺害されて埋められるという猟奇的な犯行だった。死因は頭部をバールのようなもので殴られたことによる失血死。京都府警による懸命な捜査が行われ、一度は犯人と思われる男性が逮捕されたが、裁判で無罪が確定。犯人につながる決定的な証拠は出てこず、11年間未解決のまま現在に至っている。

 この事件を解決に導くため、元FBI特別捜査官のトーマス・ニア氏が緊急来日。元警視庁捜査一課理事官の大峯泰廣氏の協力を仰ぎつつ、実際に遺体発見現場に赴き事件を再検証。犯罪現場の分析から、犯人の人格の特徴や行動の特徴を割り出すプロファイリングで犯人像に迫る。

 事件をひもとくカギは、“殺害現場は遺体発見現場と同じなのか?”という疑問を明らかにすること。殺害現場での犯人の行動を明らかにするため、事件現場の雑木林を歩くほか、遺体にどのような傷があったかを知るべく法医学教室を訪れる。そこで、事件当時、捜査に協力した医師は、当時の司法解剖結果とは異なる死因を口にする。今まで明かされることのなかった死因とは?

 また、被害者の母親が刑事とのやり取りや事件に関するあらゆる情報を書き留めた12冊にも及ぶノートを初めて公開する。そこにはこれまで逮捕されその後無罪判決を受けた人物とは異なる“第二の男”の存在が記されていた。

 他にも番組では、1999年に東京都町田市で発生した女子美大生失踪事件や、今年9月に山梨県道志市のキャンプ場で発生した小1女児行方不明事件を取り上げる。これらの未解決事件に関して、スタジオでは生放送で視聴者に情報提供を呼びかける。

髙嶋政宏

<MC:髙嶋政宏 コメント>
「今回、生放送で公開捜査を行う番組の司会を初めて務めさせていただきますが、真摯な態度で臨もうと背筋がビシッとします。刑事役などを演じる際に、警察関係者の方々に指導を請う機会もありますが、未解決事件や行方不明事件の端緒を聞いたりする度に、なぜ犯人を検挙出来ないのか憤りを感じていました。事件解決に向けて、自分が出来ることはなんなのか?事件を風化させてはいけない。視聴者の皆様から有力な情報を頂くためにも、熱量をもって生放送に臨みたいと思います」

<編成:安永英樹(フジテレビ)コメント>
「数々の難事件を解決してきた元FBI捜査官たちが日本の難事件に挑みます。シリーズ初めての生放送。事件が動くかもしれません!どんな些細な情報でも結構です。ぜひ情報をお寄せください!」

日曜THEリアル!『特捜!最強FBI緊急捜査 日本未解決事件を追う!』
フジテレビ系
12月15日(日)後8時~9時54分 生放送

<VTR出演>
トーマス・ニア(元FBI特別捜査官)
ケリー・スナイダー(全米行方不明者捜索組織 FIND ME)他

<スタジオ出演>
MC:髙嶋政宏、佐々木恭子(フジテレビアナウンサー)
解説:大峯泰廣(元警視庁捜査一課理事官)
情報キャスター:倉田大誠(フジテレビアナウンサー)

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/b_hp/saikyofbi/

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える