髙橋大輔&羽生結弦“全日本”激闘の歴史を振り返る!新橋で12・22まで放映 | TV LIFE web

髙橋大輔&羽生結弦“全日本”激闘の歴史を振り返る!新橋で12・22まで放映

エンタメ総合
2019年12月17日
髙橋大輔

『全日本フィギュアスケート選手権2019』(フジテレビ系)が12月19日(木)から放送される。これに先立ち、髙橋大輔選手と羽生結弦選手の全日本でのこれまでの戦いを振り返る特別動画が、東京メトロ新橋駅で期間限定で公開中。

 特別動画に収められているのは、髙橋選手と羽生選手が出場した2009年、2011年、2012年、2013年の全日本フィギュアスケート選手権での戦いの模様。

 今から10年前、2009年の全日本では当時23歳の髙橋選手がけがで欠場した前年から見事復活して4度目の優勝に輝いた。そして全日本ジュニア王者として参戦した羽生選手は当時15歳。見事6位入賞を果たした。

 それから2年後の2011年。髙橋選手(当時25歳)は安定した演技で2年ぶり5度目の優勝を飾る。一方、17歳になった羽生選手はグランプリシリーズで躍進し注目される中、3位に。初の表彰台で笑顔を見せた。

羽生結弦

 翌2012年、髙橋選手(当時26歳)はショート2位で迎えたフリーで4回転ジャンプも成功させて2位。その髙橋選手とトップ争いを繰り広げた羽生選手(当時18歳)は、ショート1位から僅差で逃げ切り、全日本初優勝を飾った。

 そして2013年、髙橋選手は(当時27歳)直前に右足を負傷。けがを押して挑んだが5位に終わる。一方、羽生選手(当時19歳)はショート・フリーともに圧巻の演技を披露し、異次元の強さで全日本連覇を達成した。

 この貴重な特別動画は、東京メトロ新橋駅の改札外に設置されたデジタルサイネージで、12月22日(日)まで毎日放映されている。

『全日本フィギュアスケート選手権2019』
フジテレビ系
12月19日(木)女子ショート 後7時~9時48分 生中継
12月20日(金)男子ショート 後7時~8時54分 生中継
12月21日(土)女子フリー 後7時~9時15分 生中継
12月22日(日)男子フリー 後7時~9時15分 生中継

<キャスター・リポート・インタビュー>
宮司愛海(フジテレビアナウンサー)
三田友梨佳(フジテレビアナウンサー)
内田嶺衣奈(フジテレビアナウンサー)
<解説>
本田武史
荒川静香
<実況>
西岡孝洋(フジテレビアナウンサー)
中村光宏(フジテレビアナウンサー)

番組公式ホームページ:https://www.fujitv.co.jp/sports/skate/