【紅白リハ】日向坂46上村ひなの「フレッシュさを前面に」 | TV LIFE web

【紅白リハ】日向坂46上村ひなの「フレッシュさを前面に」

エンタメ総合
2019年12月30日
日向坂46

 12月31日(火)放送の『第70回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか)のリハーサルが行われ、今回が初出場となる日向坂46が囲み取材に応じた。

 ステージに立ってみての感想を問われた佐々木久美は「NHKホールは何回か立たせていただいたことがあるんですけど、セットやカメラとか、いつもと雰囲気が違って、少しリハーサルから緊張してしまいました」と心境を明かした。

 フォトセッションの際のフラッシュの多さに驚いた一同。佐々木久美が「人生で一番の光量が目に当たって(笑)」と感想を語ると、記者から「皆さんのおかげですよ」と声がかけられ、感謝の言葉を口にした。

 センターを務める小坂菜緒は「こうやって日向坂46として紅白の舞台に立てるのが、本当にありがたいことだなって思いますし、この1年間頑張ってきたことを発揮できる場でもあると思うので、日向坂らしく最高のパフォーマンスと届けられるように頑張りたいなと思う」と意気込んだ。

日向坂46

 どんなパフォーマンスを伝えたいか問われると、加藤は「デビューシングルの『キュン』を披露させていただくので、日向坂らしさいっぱいの笑顔いっぱいのパフォーマンスをして、見ている方にハッピーを届けたい。でも、『キュン』だけではなく、大好きな先輩の乃木坂46さんの『シンクロニシティ』を一緒にパフォーマンスさせていただけるので。そちらも全力で頑張りたいと思います」と。

 「コラボの話を聞いた時、どんな気持ちだったか」と問われると、佐々木久美が「そのお話を聞いた時、メンバー全員が乃木坂46さんの『シンクロニシティ』という曲が大好きで、普段楽屋でも歌わせていただいているくらい。乃木坂46さんにとっても、とても大事な曲だと思うので、その曲を坂道合同でやらせていただくということで、楽しみですし、こんな機会は二度とないと思うので、その時間をかみしめながら、坂道という名に恥じないようなパフォーマンスで盛り上げられたらなと思います」と語った。

日向坂46

「どんなパフォーマンスをしたいか」と問われると佐々木久美は「私たちは2019年に『キュン』という曲でデビューして、まだ1年たっていないので、デビューした年に紅白に初出場をさせていただくということを、見ている方にアピールして、ひとつのアイドルグループとしてじゃなくて、日向坂46というグループとして、皆さんに認識していただけるようなパフォーマンスをしたいです」とアピール。

 最後に上村ひなのが「デビューした1年目に、紅白の舞台に立たせていただけるということが、本当にありがたいことだと思いますし、日向坂46のフレッシュさを前面に出して、皆さんにハッピーになっていただけるようなパフォーマンスができるように頑張ります」と締めくくった。

『第70回NHK紅白歌合戦』
NHK総合・BS4K・BS8K・ラジオ第1
12月31日(火)後7・15~11・45
※5分間の中断ニュースあり

番組ホームページ:https://www.nhk.or.jp/kouhaku/

©NHK