本田翼が“笑わない女”に!?月9チームとラグビー日本代表が対決!『ネプリーグSP』1・6放送 | TV LIFE web

本田翼が“笑わない女”に!?月9チームとラグビー日本代表が対決!『ネプリーグSP』1・6放送

エンタメ総合
2020年01月06日
『ネプリーグSP』

 1月6日(月)放送の『ネプリーグSP』(フジテレビ系)は、月9『絶対零度』チームとラグビー日本代表チームが対決する。

 月9『絶対零度』チームは、前作に引き続き主演の沢村一樹、本田翼、新レギュラーキャストとの水野美紀と森永悠希。ラグビー日本代表チームは、田中史朗、福岡堅樹、稲垣啓太、山中亮平が参戦する。

写真をもっと見る(全10枚)

 1stステージは、出題される問題の2つの空欄を2人1組で解答する「ネプゴーラウンド」。月9『絶対零度』チームの沢村は「時間帯を気にしながら進めていきたいと思います」と序盤から怪しい発言。本田は、解答席に座る前からなぜかテンションが低く…。対するラグビー日本代表チームは、体ではなく頭を使う競技に“笑わない男”稲垣が苦戦する。

 2ndステージは、常識的な日本語に関する問題が出題される「日本語ツアーズバギー」。『絶対零度』チームのトップバッター・本田は、目標を5問に設定。しかし、正月にまつわる超常識漢字に苦戦し“笑わない女”に…。ラグビー日本代表チームは、早稲田大学卒の山中と、現役引退後は医師を目指している福岡に注目が集まる。

 3rdステージは、出題される物の名前やフレーズに英語で解答し、タワーの頂上を目指す「ハイパーイングリッシュブレインタワー」。沢村は「(英語は)苦手なほうではない」と自信を見せる。ラグビー日本代表チームは、ニュージーランドに5年間住んでいた田中、オーストラリアに1年間住んでいた稲垣と、海外経験豊富なメンバーに期待がかかる。

 4thステージは、あらゆる分野から出題される5文字の言葉を5人で完成させる「ハイパーファイブリーグ」。『絶対零度』チームへの出題では、問題画像として沢村の昔の写真が使われる。ラグビー日本代表チームは、実際にボールを使ったパス回しでチームワークを高めるが、話題の数学の問題で大ピンチに。

 5thステージは、さまざまなモノの割合を答える「パーセントバルーン」。沢村は、親子に関する大切な問題でまさかの大ピンチに陥る。田中は「皆さんの気持ちをONE TEAMにして頑張りたいと思います」と意気込むが、稲垣が正月に関する問題で衝撃の解答。結果を受けた稲垣が世間に物申す。

 6thステージは、5個以上、10個以上、15個以上解答がある常識問題を制限時間内に答える「ファイブボンバー、ハイパーボンバー、メガボンバー」。果たしてどちらのチームが勝利を収めるのか。

『ネプリーグSP』
フジテレビ系
1月6日(月)後7時~9時

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/nepleague
公式Twitter:https://twitter.com/cxnepleague

©フジテレビ