『RIDE ON TIME』HiHi Jetsに密着!「DREAM BOYS」の舞台裏に迫る | TV LIFE web

『RIDE ON TIME』HiHi Jetsに密着!「DREAM BOYS」の舞台裏に迫る

エンタメ総合
2020年02月07日
『RIDE ON TIME』

 2月7日(金)放送の『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(フジテレビ)は、ローラースケートを武器に活動するジャニーズJr.内の5人組ユニット「HiHi Jets(ハイハイジェッツ)」を特集する。

 結成5年目を迎えた彼らは、5人中4人が10代。「伝説のグループになる」という夢を掲げている。昨年9月、HiHi Jetsの5人は、King & Princeの岸優太と神宮寺勇太が主演を務めるジャニーズ伝統の舞台『DREAM BOYS』に出演。ボクサーが夢を追いかける姿を通して、人の絆の大切さを描く作品で、デビュー前のジャニーズJr.にとって登竜門ともいえる舞台だ。

 主人公の弟役を演じる髙橋優斗は、重要な役どころだけにセリフも多く、加えてボクシングの練習も行う。ある日、稽古場を訪れた大先輩・堂本光一に、急きょ芝居を指導してもらうことになった髙橋。

 しかし、この時期、ドラマ出演やグループでの公演とさまざまな仕事が重なり多忙を極めた髙橋は、まだセリフが入っていなかった。台本を手にして読み合わせをし、堂本からたくさんの修正を受けてしまう。

 稽古後、ソファに倒れ込み「光一さんが忙しい中来てくださったのにちゃんと台本に目を通せていなかったのは申し訳ない」と自らにいら立つ様子を見せた髙橋だが、1か月の公演で大役を演じ切った。

 11月には、ベテランキャストに囲まれて連続ドラマの撮影。現場に台本を持ち込まず、セリフがしっかりと入っている髙橋。「芝居を家で作ってきます。緊張しないために自分の中でもういけるってところまで持っていくようにしています」と自信を見せた。

『DREAM BOYS』には、HiHi Jetsの見せ場として、ローラースケートで動き回りながらバトンをパスするパフォーマンスが組み込まれていた。難易度が高く、5人全員がしっかりと息を合わせなければ成功できない。

 稽古では、バトンを床に落としたり、地面すれすれでかろうじてキャッチしたりしていた彼ら。だが、迎えた初日、5人はバトンを一度も落とすことなく、見事成功させた。終演後、猪狩蒼弥は「ノーミス見ましたか?どうやら本番に強い男かもしれないです」と興奮気味に語った。

 そして、全公演を終えた後も、井上瑞稀は髙橋と共にスキルアップを目指してローラースケートの特訓を行っていた。急傾斜のバンクで足を絡ませ、体をしたたかに床に打ち付ける井上。しかし、何度も起き上がって再びバンクを駆け上り果敢に挑んでいく。「全員がレベルアップして、もっとレベルの高いグループになると信じている」と語る髙橋。

 「伝説のグループになる」という夢に向かって、それぞれが自らのスキルを高め、ユニットの底力を上げようと挑み続ける姿に迫る。

『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』
フジテレビ(関東ローカル)
毎週(金)深0時55分~1時25分
2月7日は深1時15分~1時45分

テーマ:「HiHi Jets」
HiHi Jets(髙橋優斗、井上瑞稀、橋本涼、猪狩蒼弥、作間龍斗)

ナレーション:風間俊介
メインテーマ:山下達郎『RIDE ON TIME(2018 NEW VOCAL VERSION)』

番組公式HP:https://www.fujitv.co.jp/RIDEONTIME/

©フジテレビ