濱正悟が好青年からオラオラ系に!?松本穂香主演「酔うと化け物になる父がつらい」新場面写真解禁 | TV LIFE web

濱正悟が好青年からオラオラ系に!?松本穂香主演「酔うと化け物になる父がつらい」新場面写真解禁

エンタメ総合
2020年02月08日
「酔うと化け物になる父がつらい」

 松本穂香主演の映画「酔うと化け物になる父がつらい」で、主人公サキの彼氏・中村聡役を演じた濱正悟の新場面写真が解禁された。

 本作は、アルコールに溺れる父を持った作者・菊池真理子の実体験に基づくコミックエッセイを映画化。主人公・田所サキを演じるのは、松本穂香。酔うと“化け物”になるサキの父・田所トシフミ役に渋川清彦。さらに、ともさかりえ、今泉佑唯、恒松祐里、濱正悟、浜野謙太といった個性豊かな俳優陣が集結する。監督は片桐健滋。また、ザ・プラン9の久馬歩が共同で脚本を担当する。

「酔うと化け物になる父がつらい」

 今回解禁されたのは、松本演じる田所サキの彼氏・中村聡役を演じた濱正悟の新場面写真。いくらお酒をやめてと訴えてもまるで聞く耳を持たない父に対して徐々に心を閉ざしていくサキは、寂しさを恋愛で埋めていくように。「こんな自分でも好きって言ってくれる」と全てを受けいれる彼女に追い打ちをかけるように、聡はどんどん支配的になっていく。新場面写真は、サキと出会ったばかりの頃の爽やかな好青年風のものと、一転して徐々に本性をあらわにし始めたオラオラ系のもの。この強烈なギャップを濱がどう演じているのかにも注目だ。

<ストーリー>
うちの“常識”は、いつだってよその“非常識”。日曜日、夏休み、クリスマス。思い出の父はいつも酔っていた。
普段は無口で小心者なのに、酔うと“化け物”になる父と、新興宗教にハマる母。一風変わった家庭で育った主人公のサキは、“化け物“のおかしな行動に悩まされ、徐々に自分の気持ちに蓋をして過ごすようになる。自分とは正反対で明るく活発な妹や、学生時代からの親友に支えられ、家族の崩壊を漫画として笑い話に昇華しながらなんとか日々を生きるサキ。そんなある日、アルコールに溺れる父に病気が見つかってしまう-。知っているようで、何も知らなかった父のこと。サキが伝えたかった、本当の気持ちとは?

映画「酔うと化け物になる父がつらい」
3月6日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

<出演>
松本穂香 渋川清彦
今泉佑唯 恒松祐里 濱正悟
安藤玉恵 宇野祥平 森下能幸 星田英利 オダギリジョー
浜野謙太 ともさかりえ

原作:菊池真理子『酔うと化け物になる父がつらい』(秋田書店刊)
監督:片桐健滋
脚本:久馬歩 片桐健滋
音楽:Soma Genda
主題歌:GOOD ON THE REEL「背中合わせ」(lawl records)
制作:MBS よしもとクリエイティブ・エージェンシー
制作プロダクション:CREDEUS
配給:ファントム・フィルム
製作:吉本興業 MBS ユニバーサル ミュージック 秋田書店 VAP ファントム・フィルム

©菊池真理子/秋田書店 ©2019 映画「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会