• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

眞島秀和「緊張感のある撮影でした」『麒麟がくる』初登場シーンを語る

『麒麟がくる』

 大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合ほか)に出演する眞島秀和からコメントが届いた。

 眞島が演じるのは、明智光秀(長谷川博己)の生涯の盟友・細川藤孝。将軍奉公衆として室町幕府の再興に尽力した当代きっての文化人で、文武両道の人物。2月16日放送の第5回で初登場した。

『麒麟がくる』

 第5回では、鉄砲鍛冶・伊平次(玉置玲央)を探して本能寺を訪れた光秀が、藤孝と初対面。眞島は「光秀との出会いのシーンでは、この瞬間から後々互いの人生に大きな影響を与える関係が始まったのだという思いがあり、緊張感のある撮影でした。 光秀役の長谷川博己さんとは同い年ということもあって以前から共演したいと思っていましたので、撮影はとても楽しいです」とコメントしている。

大河ドラマ『麒麟がくる』
NHK総合ほか
毎週(日)後8・00~8・45

©NHK

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える