• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

加藤シゲアキが“エッセーの書き出し”で大照れ『タイプライターズ』2・22放送

『タイプライターズ』

『タイプライターズ~物書きの世界~』(フジテレビ)が、2月22日(土)前10時53分から放送される。

 共に作家としての顔を持つ又吉直樹と加藤シゲアキの2人が、ゲストに同じく作家を招き、その知られざる素顔や執筆の裏側を探求していく、物書きの物書きによる物書きのためのバラエティ『タイプライターズ』。今回は「第162回芥川賞・直木賞」発表を受けて、その知られざる舞台裏に迫る。さらに、芥川賞作家の中村文則&羽田圭介と“エッセー”についてトークを繰り広げる。

 まずは、85年の歴史を持つ日本を代表する文学賞の選考は、どのような過程で行われているのか、又吉と加藤がその裏側に迫るべく、10年にわたり芥川賞選考委員を務める作家・島田雅彦の元を訪れる。

 対面前、2015年に『火花』で芥川賞を受賞した又吉は「あんまり自分のことは聞きたくない、怖いから知りたくないじゃないですか」と硬い表情。一方、島田と初対面となる加藤は「5年たって今だから聞けるみたいなことはないですか?そのあたりも聞いてみたい」と島田の元へ向かう。

 島田は、1983年のデビュー作をはじめ、6回芥川賞候補になるも全て落選し、芥川賞の最多落選者でもある。そんな経緯から、選考委員になる前は「芥川賞なんて滅びればいいってずっと思ってた」と語る島田。

 ただ、落選した6回のうち5回は受賞作なしという結果で、選考委員がほとんど判断停止しているじゃないかとの憤りから「自分が選考委員になったからには受賞作を必ず出すようにしたいと思った」と選考委員を引き受けた時の気持ちを明かす。

 終始緊張している又吉は、加藤に「今日、すごく小さくなってますね」とイジられると「怖くて質問できない」と『火花』の選考委員の一人でもある島田を前に恐縮する。5年前、島田は『火花』のどんなところを評価したのか。

 続いて、番組ではおなじみの芥川賞作家・中村文則と羽田圭介の2人も参加。又吉は2013年発売の『東京百景』(ヨシモトブックス刊)が今春に文庫化、加藤も3月に初のエッセー集『できることならスティードで』(朝日新聞出版刊)を発売。中村と羽田も昨年エッセーを出版したことから「小説とエッセー、書き分けている事は?」「エッセーを書く時間帯は?」などのエッセー論議を繰り広げる。

 さらに「エッセーは書き出しに悩む」という話題から、普段は絶対に経験しないであろうことを4人で経験し、エッセーの書き出しを考えることに。

 しかも、テーマは「若者の流行」。4人で原宿&渋谷へ行き“タピオカ”“動物カフェ”“最新プリントシール機”を体験する。若者の流行に触れた4人は、それを踏まえてエッセーの書き出しをそれぞれ考え、順に発表していくが…。加藤は、3人の芥川賞作家を前に大照れ。4人それぞれが本気で考えた書き出しに注目だ。

『タイプライターズ~物書きの世界~』
フジテレビ(関東ローカル)
2月22日(土)前10時53分~11時50分

<出演者>
MC:又吉直樹(ピース)、加藤シゲアキ(NEWS)
レギュラー:中村文則、羽田圭介
ゲスト:島田雅彦

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/typewriters/

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える