上白石萌歌主演舞台「ゲルニカ」に中山優馬、勝地涼ら | TV LIFE web

上白石萌歌主演舞台「ゲルニカ」に中山優馬、勝地涼ら

エンタメ総合
2020年02月26日
舞台「ゲルニカ」

 上白石萌歌主演の舞台「ゲルニカ」の全キャストが解禁され、中山優馬、勝地涼、早霧せいな、キムラ緑子が出演することが分かった。

 本作は、PARCO劇場オープニング・シリーズ秋の陣第一弾作品。日本のみならず韓国など国外にも活動の幅を広げ、2018年読売演劇大賞及び最優秀演出家賞を受賞した演出家・栗山民也と、2018年紀伊國屋演劇賞個人賞受賞、鶴屋南北戯曲賞など数々の賞を受賞した劇作家・長田育恵の待望の初顔合わせによる新作となる。

 栗山が、スペイン内戦時のゲルニカ無差別爆撃を描いた画家パブロ・ピカソの「ゲルニカ」と出会って以来20年以上、温めてきた構想を基に、長田がゲルニカに生きる人々の人間ドラマにフォーカスして物語をつむぐ。

 歴史劇や歴史の悲惨さを問うものではなく、私たちと変わらない普通の人々の生活が突然脅かされ消えてしまった悲劇、そしてそれを乗り超えるべく生きていく人々を描いた希望の話となる。

 貴族の家に生まれ、甘やかな世界を信じていたヒロイン・サラを演じるのは、上白石萌歌。本作が栗山演出作品に初参加となる。

 上白石演じるサラが想いを寄せる相手で、ドイツ軍のスパイとして暗躍する人民戦線軍の兵士に、中山優馬。さらに、ゲルニカで生きる人々を取材するカメラマン役の勝地涼、彼と同行する女性特派員記者役の元宝塚歌劇団男役トップスター・早霧せいなが栗山作品に初登場。

 人民戦線軍の兵士に、玉置玲央、林田一高、後藤剛範。サラの婚約者役に松島庄汰。ゲルニカの人々が集う食堂の主人に谷川昭一朗。サラの母と共に国家を守ろうとするファシズムの役人に谷田歩。その他、死者の語り部として、てがみ座の石村みか。そして、サラの母にはキムラ緑子が決定した。

<中山優馬 コメント>
栗山さんの作品にお声がけいただけた事、大変うれしく思います。
舞台は一期一会なので栗山さんのディレクションの下、たくさん稽古をし、精いっぱい努めたいと思います。
PARCO劇場のオープニングシリーズ公演という事もあり、さらにグッと気が引き締まる思いです。
どんな作品になるのか、どんなイグナシオになるのか、非常に楽しみです。たくさんの方にゲルニカの世界を見ていただけたら光栄です。劇場でお待ちしております。

<勝地涼 コメント>
僕にとって、パルコ劇場は観客としても大好きな劇場でした。その新しくなったパルコ劇場に立てることに、今からワクワクしています。
そして、栗山さんとご一緒できる事、長田さんが書き下ろす戯曲に挑戦できる事、役者として、とてもうれしく思います。ピカソの「ゲルニカ」を題材した作品になりますが、絵に込められたメッセージは、今の日本に伝えるべき大切なことなので、真摯に向き合っていきたいです。よろしくお願いします。

<早霧せいな コメント>
栗山さんとご一緒することを願っていた私にとって、とてもメッセージ性の強い作品に立ち向かうことができる喜びと共に、身の引き締まる思いでいっぱいです。
誰もが一度見ると忘れられない衝撃の絵画「ゲルニカ」。
内戦の実情を伝える記者の役として、今の時代に生きる皆さんにも、あの時の惨劇とそこに生きた人々の想いを誠実にまっすぐに伝えられたらと思います。

<キムラ緑子 コメント>
「ある日を境に運命が変わるということ」
例えば故郷の淡路島に基地ができることを想像する。私たちの海に辺野古のように土砂が注ぎ込まれ、年老いた父母が力の限りデモに参加する。とたんに胸が苦しくなる。他人事ではなくなる。
世界のあちこちに広がり続ける苦しみの波を、もうすぐ自分たちも浴びることになるんだと思わずにして、どうして生きていけるだろう。本当は他人事ではないのだ。
いつだって。どこでだって。
…と、いうようなことを心に浮かべながら、挑みます。

舞台「ゲルニカ」

PARCO劇場オープニング・シリーズ
「ゲルニカ」

<公演日程>
2020年9月 PARCO劇場
10月以降 京都・新潟・豊橋・北九州 ほか

作:長田育恵 演出:栗山民也
出演:上白石萌歌 中山優馬 勝地涼 早霧せいな 玉置玲央 松島庄汰 林田一高 後藤剛範
谷川昭一朗 石村みか 谷田歩 キムラ緑子

企画製作:株式会社パルコ

<あらすじ>
ゲルニカの元領主の娘で何不自由なく生きてきたサラ(上白石萌歌)。しかしスペインでは、台頭してきたファシズムと人民戦線軍が激突し、市民戦争が本格化していた。サラの婚礼が近づいているある日、突然婚約者が戦争に参加したいと静かな決意を語りだし、サラを置いて出て行ってしまった。世界ではいま何が起きているのか。
サラは街の食堂に出入りするようになり、人民戦線軍の兵士たちや海外特派員の戦場カメラマン・クリフ(勝地涼)、女性記者レイチェル(早霧せいな)たちと触れ合い、各地で激戦が行われている事実を知る。
またそこで、イグナシオ(中山優馬)という一人の兵士と恋仲になってしまう。しかしイグナシオはドイツ軍のスパイでひそかに爆撃工作を進めていた。やがて、サラの妊娠が発覚。そしてそれを知ったサラの母であるマリア(キムラ緑子)は激怒し、子供を堕ろすよう説得する。そんな中、ついに運命の日、ゲルニカ空爆が始まる…。