多恵子(本上まなみ)とうり二つのミクに吾郎(小澤征悦)は…『パパがも一度恋をした』第5話あらすじ | TV LIFE web

多恵子(本上まなみ)とうり二つのミクに吾郎(小澤征悦)は…『パパがも一度恋をした』第5話あらすじ

エンタメ総合
2020年02月29日
『パパがも一度恋をした』

 小澤征悦主演のオトナの土ドラ『パパがも一度恋をした』(フジテレビ系)の第5話が、2月29日(土)に放送される。

 本作は、阿部潤の同名コミックを原作に、少しずつ再生されていく家族の絆をハートフルに描くヒューマンラブコメディ。最愛の妻が亡くなって以来、ショックで丸3年間引きこもっていた山下吾郎(小澤征悦)の前に、突如現れた不審な中年男(塚地武雅)。その正体は、吾郎を心配するあまり、けなげにもおっさん姿になって生まれ変わってきてくれた妻・多恵子(本上まなみ)だった。人は見た目か、中身か…。永遠の命題が究極の純愛物語として描かれる。

 第5話では、生前の多恵子(本上)とうり二つのミク(本上=2役)が登場し、吾郎(小澤)は心を揺さぶられてしまう。さらに第2話に登場した“下ネタセリフ”全開のイケメンテニスコーチ・宮下純平(黒木啓司/EXILE、EXILE THE SECOND)が再び登場する。

<第5話(2月29日放送)あらすじ>

多恵子(本上まなみ)にうり二つの女性はトモ(福本莉子)のクラスの臨時担任だった。その佐々木ミク(本上=2役)が山下家を訪れ、おっさん多恵子(塚地武雅)も動揺を隠せない。吾郎(小澤征悦)はミクの話を聞くうちに生前の多恵子を想い出し、涙があふれ出す。そんな中、ミクのある大胆な行動で二人は急接近。吾郎は誘惑に打ち勝つことができるのか。

『パパがも一度恋をした』
フジテレビ系
2月29日(土)後11・40

出演:小澤征悦、塚地武雅、本上まなみ、福本莉子/塚本高史、麿赤兒

公式サイト:https://www.tokai-tv.com/papakoi/
Twitter:https://twitter.com/tokaitv_dodra
Instagram:https://www.instagram.com/dodra_tokaitv/?hl=ja