• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

野口五郎&大場久美子が40年ぶりに夫婦役!唐沢寿明『あまんじゃく』にゲスト出演

野口五郎&大場久美子が『あまんじゃく』にゲスト出演

 唐沢寿明主演、木村多江、橋爪功共演の『あまんじゃく 元外科医の殺し屋 最後の闘い』(テレビ東京系)の放送日が3月30日(月)に決定し、野口五郎、大場久美子のゲスト出演が解禁された。

 野口と大場が演じるのは、ドラマの重要なカギを握る夫婦。野口は嵩男(唐沢)の恩師であり、兄代わりでもあった元脳外科医の名医・名和潤造役。大場は、難病にかかり病床に伏す名和の妻・千代乃役を演じる。野口と大場の共演は、約40年ぶりとなる(前回も夫婦役で共演)。

【キャストコメント】
※文章中にネタバレがある可能性あります。要注意!

<野口五郎 コメント>

◆本作のご出演が決定した感想をお聞かせください。

最初にこの役にオファーを頂いた時には「お断りしよう」と思っていました。以前同じような役をやった時に自分を出し切ってやり切った感じがあったので、それを越えられるかなという気持ちもありましたから。でも、お断りするにしても一応台本を読んでからにしようと思い目を通すと、難しくハードルの高い役だなと思いつつも面白く、自身の「心の内」と重なる部分も多分にあり、またプロデューサーの熱い思いにも心動かされ、自ら進んで「挑戦したい」と思うようになりました。

◆撮影現場でのエピソードをお聞かせください。

初日の屋上での撮影で、屋上から初めて見る回転寿司を発見して、共演者の皆さんに「僕、お昼はあそこで食べてきます」と言いましたが、皆さんには信じてもらえてなかったようで。次の撮影で「スタッフとあの回転寿司行ってきたよ!」と言ったら、皆さんに「本当に行ったんですか~」と驚かれました(笑)。

◆唐沢さんと共演されていかがでしたか?

もともと共演してみたいと思っていた役者さんの一人でした。唐沢さんとの共演は、緊張感があってスリリングで面白かったです。十分に視聴者の皆さんのご期待に沿えるようになっているのではないかと思います。

◆大場久美子さんとは40年ぶりのご共演となりましたが、いかがでしたか?

僕の最初のドラマの奥さん(役)で、最新のドラマの奥さん(役)、まさか40年たってまた夫婦役をやるとは思わなかったです(笑)。でも、久しぶりに会って元気そうだったから、妹世代の元気な姿を見ると安心しました。

◆視聴者へのメッセージをお願いいたします。

今の世の中、何が真実で何が真実じゃないかは、見方によって変わってきますよね。それが謎解きのヒントになりますので、そんな点に注意してみていただければと思います!唐沢さんも木村さんも、野口さんもみんないい人です(笑)。

<大場久美子 コメント>

◆本作へのご出演が決定した感想をお聞かせください。

『あまんじゃく』への出演オファーに感謝いたします。実は、病気を機に10数年ドラマの現場から遠のいていました。あまりのドラマのブランクに現場復帰の勇気はありませんでしたが、そんな中でのオファーでしたのでチャレンジしかないなと思い、心して臨みました。

◆撮影現場でのエピソードをお聞かせください。

現場の雰囲気は、とても温かく心地よいものでした。久しぶりの現場という事もありましたが、脳がヘトヘトになり、一日限りの撮影でよかった(持ちこたえられて)と正直思いました(笑)。普段の私は「いつも元気だねー」と人から言われますが、撮影の日はほとんどあいさつとせりふ以外は言葉を出さなかったし笑顔もなかったので、現場での大場久美子のイメージは悪かったかも(笑)。

◆野口五郎さんと40年ぶりのご共演となりましたが、いかがでしたか?

アイドル歌手時代に歌番組でご一緒させていただいた野口五郎さん。ドラマでも夫婦役もさせていただき、懐かしさと当時も優しく接してくださった思い出がありましたので、今回カラミはほとんどありませんが、安心して現場にのぞめました。野口さん、とてもすてきにお年を重ねられていて素晴らしいと僭越にも思いました。

◆視聴者へのメッセージをお願いいたします。

人生の大イベント、死にゆく瞬間、人間としての命のテーマを演じさせていただき感無量です。私の「死」が今回の事件にとても大きく関わってきますから…。ある意味、人生の終わりには「裁き」が必要なのかもしれません。後付けで「これでよかったんだ」と思うという日常の中にいながら、「世の中に正解はない」と役を演じきった後にスッキリとした、そんな作品です。

<あらすじ>
折壁嵩男(唐沢)は、元は優秀な外科医だったが、今は相棒の弁護士・横倉義實(橋爪功)から殺しの依頼を受け、法で裁けない悪人を闇へと葬り去る殺し屋だ。この日の依頼人は元料理人・宗村将史。ターゲットは三波正昭という悪徳料理評論家である。三波はかつて、宗村の娘・亜子を罠にかけ凌辱し、自殺に追いやった過去がある。嵩男は宗村の依頼を受けることに。そんな中、世間では優秀な人間の死体から心臓や脳が抜かれるという、奇妙な事件が立て続けに起きていた――。
一方、三波の暗殺計画を進める嵩男のもとに、さらなる殺人依頼が来る。嵩男のかつての恋人・梶睦子(木村多江)の紹介だという椙山絵麻が、DV夫・啓介を殺してほしいというのだ。さらに嵩男は妻・千代乃(大場)の難病に悩む恩師・名和潤造(野口)とも偶然に再会する。運命の糸に手繰り寄せられるように予期せぬ出来事が続く。そしてそれは、やがて思いもかけない巨悪の存在につながっていく。人類の領域を超えた科学を悪用して、世界を変えようとする巨大組織。嵩男はこれまで対峙したことのない、この強大な敵に立ち向かう決意をする。しかし、それは同時に、自らの命を懸けた闘いを覚悟することに他ならなかった。

ドラマスペシャル
『あまんじゃく 元外科医の殺し屋 最後の闘い』
テレビ東京系
3月30日(月)後9・00

原作:藤村いずみ
脚本:泉澤陽子
監督:木村ひさし

出演:唐沢寿明、木村多江、橋爪功
ゲスト出演:野口五郎、大場久美子ほか

©テレビ東京

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える