稲垣啓太、堀江翔太らラグビー日本代表4選手が“ONE TEAM”でタフさを証明 | TV LIFE web

稲垣啓太、堀江翔太らラグビー日本代表4選手が“ONE TEAM”でタフさを証明

エンタメ総合
2020年03月05日

ラグビーの堀江翔太、稲垣啓太、福岡堅樹、松田力也の4選手を起用した宅配ボックス「COMBO-Light(コンボライト)」のTVCMが3月7日(土)から放送。

雨が降りしきる空間にたたずむパナソニックの宅配ボックス「コンボライト」。そこへ現れた堀江、福岡、稲垣の3人は、椅子に座ると緊張感のある表情でおもむろにコンボライトを叩き始める。

1人目が打楽器のごとくリズムをとると、続けて2人目、3人目の複雑なリズムが重なり、タフな男たちが一致団結した渾身の“ONE TEAMパフォーマンス”に。

雨足が強くなっていくと、次第にセッションの熱量もヒートアップ。最後は「コンボー!」と掛け声を合わせ、仲むつまじげにハイタッチを交わす。最後には配達員に扮した松田選手がサプライズで登場。タフな戦いに挑み続けるアスリートがタフな宅配ボックスで息の合った演奏を披露するCMとなっている。

演奏の練習に臨んだのはわずか30分程度にもかかわらず、驚くほどクオリティーの高いパフォーマンスを披露した3選手。特に、高校時代にドラムを習っていたという福岡は慣れた手つきでリズムをとり、意外な特技を披露することになった。

配達員に扮した松田が「お届け物です!」と宅配便を持ってサプライズ登場すると、現場は大盛り上がり。松田が出演することを伝えられていなかった堀江らはすっかり素の表情に。コンボライトの使い方をしっかりマスターし、得意げにレクチャーする松田の姿が3人を一層和ませていた。

<コメント>

◆普段よく買い物をされる洋服が届いた日には「笑顔」になりますか?

稲垣:内心は、すごくね、「やっと来たぁ!」という感じでうれしいですけどね、なかなか表情に出てこないという。 気分的にはけっこう「ようやくか!」という感じなんですけどね。

◆「コンボライト」をプレゼントしますと言われたら?

稲垣:内心は…笑顔です。

◆ご家族が宅配を受け取れない時はありますか?

堀江:奥さんが家にいるときはいいんですけど、子供の幼稚園とか習い事とかでいないことも多いので、そういうことは多々ありますね。

◆「コンボライト」の率直なご感想は?

福岡:すごいしっかりしていますし、あれだけ叩いても全然なんの影響もない、むしろ自分の手が痛いぐらいの感 じなんで、その丈夫さは伝わってきました。

松田:ボタンを押すだけで、どうなってるんだろうな?ってシンプルに。工業高校出身なんで。(実際に押印を試してみて)今日の役ですからね。入れました!入りました。バッチリっすね!