太田光と又吉直樹が伝説の討論会「三島由紀夫VS東大生1000人」に切り込む | TV LIFE web

太田光と又吉直樹が伝説の討論会「三島由紀夫VS東大生1000人」に切り込む

エンタメ総合
2020年03月13日
『爆報!THEフライデー』

 3月13日(金)放送の『爆報!THEフライデー』(TBS系)で、太田光と又吉直樹が伝説の討論会「三島由紀夫VS東大生1000人」に切り込む。

 3月20日(金・祝)に控えたドキュメンタリー映画「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」の公開に先立ち、芸能界屈指の文学好きで、三島由紀夫の大ファンだという番組MCの太田光(爆笑問題)と、同じく文学に造詣が深い又吉直樹(ピース)が、TBSのライブラリーから発見された歴史的大ゲンカ映像「三島由紀夫VS東大生1000人」に切り込む。芸能界の仕事で多忙な中、精力的に執筆活動を行い、小説家としても高い評価を得ている太田と又吉。そんな2人から見た日本を代表する文豪・三島由紀夫の「伝説の討論会」での姿とは。

『爆報!THEフライデー』

 1969年5月、後に「伝説の討論会」といわれる貴重な討論会が行われた。それはノーベル文学賞候補にノミネートされるなど、当時の日本文学界を代表する作家として活躍していた昭和の文豪・三島由紀夫が、東大全共闘(東大全学共闘会議駒場共闘焚祭委員会)の招きに応じ、東京大学教養学部900番教室を会場に集まった約1000人の学生と対峙した討論会だ。この討論会の模様が、昨年TBSのライブラリーで発見された。1970年11月25日、自衛隊市ヶ谷駐屯地で憲法改正を訴えた後、45歳の若さで自決した三島が、その約1年半前に行った「伝説の討論」。TBSにしかない超貴重な三島VS東大生の激論映像とは一体、どんなものなのか。

『爆報!THEフライデー』

 今から半世紀ほど前となる昭和40年代当時、世の中に不満を抱き、自分たちの手で日本を新しく変えていこうと国家に反発していた過激な東大生たち。彼らは、日本の古いあり方を否定し、時には安田講堂を占拠する事件を起こしていた。一方、三島は日本に誇りを持ち、日本の伝統と文化を大切にする、過激な東大生たちとは真逆の考え方だった。討論会当日、「三島を論破して立ち往生させ、舞台の上で切腹させる」と盛り上がり殺気立つ若者たち。

 三島は警察からの警護の申し出を辞退し、たった一人で乗り込み学生たちと対峙した。なぜ、三島は1人VS東大生1000人という無謀なケンカに挑んだのか。

 映像では異様な熱気と緊張に包まれる中、三島が壇上に立ち、「私は男子ひとたび門をいずれば、七人の敵もありというんで、今日は七人じゃきかないようで、大変な気概をもって参りました」と、1000人の学生を前に堂々と決意表明をする。そんな三島に対し、「そういうところに物書きなんかが来て、恥ずかしい気がします!」と切り込んでいく東大全共闘の中でNo.1の論客と言われた天才・芥正彦。天才同士の途轍もない言葉の応酬が始まり、常人には理解しがたい熱い論争が繰り広げられる。

『爆報!THE フライデー』
TBS系
3月13日(金)後7・00~8・00