人気低迷で打ち切りに…カズレーザーが『ガンダム』の“4つのしくじり”を解説 | TV LIFE web

人気低迷で打ち切りに…カズレーザーが『ガンダム』の“4つのしくじり”を解説

エンタメ総合
2020年03月24日
『しくじり先生 俺みたいになるな!!』特別編

 メイプル超合金・カズレーザーが、3月27日(金)放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』特別編(テレビ朝日系)でアニメ『機動戦士ガンダム』の“しくじり”について授業する。

 1979年に放送を開始し、昨年40周年を迎えた『機動戦士ガンダム』。その後も続くシリーズの原点となった名作だが、高く評価されたのはアニメ放送終了後のこと。放送当初は人気が振るわず、全52話の予定から9話も短縮され、43話で打ち切りとなった。

 カズレーザーはその理由を「子供たちが期待していたような爽快感あふれるロボットアニメではなく、ストーリーが“激ムズ”だったから」と分析し、『機動戦士ガンダム』に秘められた“4つのしくじり”を徹底解説。それまでのアニメのヒーロー像とは全く違う主人公アムロ・レイのしくじり言動、子供たちを困惑させた敵役シャア・アズナブルの意味不明なせりふなどを取り上げる。

 一方で、カズレーザーはそんなしくじりこそが作品の評価を高めたポイントでもあると話す。果たして、カズレーザーが『機動戦士ガンダム』から導き出した、大事な教訓とは…?

 放送直後の深夜0時15分からは、Abemaビデオでこの授業の“完全版”が1週間無料配信される(その後は1年間有料配信)。

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』特別編
テレビ朝日系
3月27日(金)後11・15ほか

<レギュラー出演>
担任:若林正恭(オードリー)
生徒:吉村崇(平成ノブシコブシ)

しくじり先生:カズレーザー(メイプル超合金)
生徒:足立梨花、伊集院光、小坂菜緒(日向坂46)、小宮有紗、澤部佑(ハライチ)、ぺこぱ ※50音順

©テレビ朝日