宇多田ヒカルの『美食探偵 明智五郎』主題歌に中村倫也が「あれ?泣きそう…俺」 | TV LIFE web

宇多田ヒカルの『美食探偵 明智五郎』主題歌に中村倫也が「あれ?泣きそう…俺」

エンタメ総合
2020年04月06日
宇多田ヒカル

 中村倫也主演ドラマ『美食探偵 明智五郎』(4/12(日)スタート 日本テレビ系)の主題歌が宇多田ヒカルの「Time」に決定した。

 主題歌の依頼を受け、東村アキコの原作漫画を読んだ上で「Time」を制作したという宇多田。日本テレビのドラマに主題歌を提供するのは、デビューから22年目で初めてとなる。

 ひと足先にドラマ1話の完成版とともに主題歌を聴いた主演の中村倫也は「ドラマのエンディングで、主題歌の最初のイントロの音が鳴った瞬間、そこはかとない切なさを感じて、『あれ? 今、泣きそう……俺』と。なぜだろうと思ったら『優しいんだな、この歌』と気づきました。」とコメント。

「このドラマがどういう風にラストを迎えて、最終話のエンディングで流れるこの曲がどういう意味合いを持って聴こえてくるのか……。僕自身すごく楽しみです」と期待を込めた。

 宇多田の「Time」は4月12日(日)のドラマ初回オンエアで初公開。5月8日(金)の楽曲のフル音源配信スタートまでは、ドラマ本編で主題歌として使用される部分のみの解禁となる。

©NTV

『美食探偵 明智五郎』
日本テレビ系
2020年4月12日スタート
毎週(日)後10・30~11・25
ドラマ公式Twitter @bishoku_ntv

■中村倫也 コメント
 宇多田さんに主題歌を歌っていただけると聞いて、すごくうれしくテンションが上がりました(笑)。
 曲は、ドラマ第1話の完成版とともに聴かせていただきました。ドラマのエンディングで、主題歌の最初のイントロの音が鳴った瞬間、そこはかとない切なさを感じて、「あれ?今、泣きそう……俺」と。なぜだろうと思ったら「優しいんだな、この歌」と気づきました。
 今回のドラマは、特別な人たちではなく、他人事には感じられないような、生活感のある人たちが事件を起こす話。曲を聴いて、そういうところに優しいしずくが“ぽちゃん”と垂れたように感じました。“寄り添ってもらいたいもの”や“甘えたい事”など、大人の色々な苦労を分かち合える優しさのようなものが感じられて、引き込まれるなと……。
 このドラマがどういう風にラストを迎えて、最終話のエンディングで流れるこの曲がどういう意味合いを持って聴こえてくるのか……。僕自身すごく楽しみです。

■情報・制作局 荻野哲弘プロデューサー コメント
 このたび、あの宇多田ヒカルさんに、このドラマの主題歌を書き下ろしていただけたことは、この上なく光栄に思っています。
 実は、宇多田さんに主題歌をオファーして以来、新しい脚本が上がって来るといつも、宇多田さんの過去の楽曲を聴きながら読み込んで参りました。なので、初めて楽曲のデモを拝聴した時は、神秘的なイントロからぐんぐん広がっていく新しい宇多田さんの世界に完全にのみ込まれてしまいました。
 聴けば聴くほど、ドラマ『美食探偵 明智五郎』の登場人物たち、明智しかりマリアしかり殺人者たちしかりの傷ついた“心の内”に寄り添うとともに、前を向き続けることに疲れた現実を生きる私達の背中を優しく押してくださる楽曲であるという思いを強くしております。