• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「天気の子」制作の裏側に迫るメイキングドキュメンタリーを一部公開

©2019「天気の子」製作委員会

 5月27日(水)に発売される映画「天気の子」のBlu-ray&DVDより、映像特典の一部が公開された。

 今回公開された映像は、Blu-rayコレクターズ・エディションに収録される映像特典のメイキングドキュメンタリーの一部で、作画や美術背景の制作現場、主題歌や劇伴のレコーディング風景など、約1年間のアニメーション制作の裏側に迫る内容になっている。

©2019「天気の子」製作委員会

 企画書から脚本、ビデオコンテまでを新海誠監督が作成し、それを設計図に、作画や美術背景、CG、撮影、そして音楽など各セクションの作業が進められていく。打ち合わせを重ねて各セクションのアイデアを結集させ、いくつもの手法を試行錯誤しながら作品のクオリティを高めていく様子、それぞれがどんな思いを込めて作られてきたのかが伝わってくる映像だ。

 作画監督の田村篤は、新海作品への参加を「従来のアニメーションの作り方とは少し違う作り方をしているその様を見てみたかった」と語り、個性的な脇のキャラクターの誕生秘話や、新海監督のコンテの要素をいかに作画に落とし込むかなどを明かしている。

©2019「天気の子」製作委員会

 美術監督の滝口比呂志は、美術背景を描くにあたり「キャラクターの性格や生い立ちを大切に、いつも以上に細部にまでこだわった」そうだ。劇中に登場する須賀圭介の事務所は編集プロダクションのため、紙の印象を強めたり、夏美の清涼感を出すために色合いも全体的にグリーン系にコントロールをしている点などをあげている。

 脚本ができたタイミングから制作が始まっていたRADWIMPSによる主題歌も、仮歌の段階でビデオコンテに合わせて確認を繰り返し、何度も曲や映像を調整しながら「その上、さらに上」を目指して完成に向かっていった。今作の主題歌のうち「祝祭」「グランドエスケープ」にボーカルとして参加した三浦透子との顔合わせやレコーディングの様子、新海監督も同席して行われた劇伴のストリングスのレコーディング風景なども見ることができる。

©2019「天気の子」製作委員会

 メイキングドキュメンタリーには、他にも白熱する打ち合わせの様子や新海監督の自宅作業風景、キャストとスタッフらによるビデオコンテ上映会、醍醐虎汰朗・森七菜・小栗旬・本田翼などキャストたちのアフレコの模様、作画や美術背景などの制作現場、主題歌や劇伴のレコーディング風景などを収録している。

■「天気の子」メイキングドキュメンタリー>アニメーション制作の裏側に迫る映像

<商品情報>
『天気の子』Blu-ray&DVD
2020年5月27日発売
Blu-rayコレクターズ・エディション 12,000円+税
Blu-rayスタンダード・エディション 4,800円+税
DVDスタンダード・エディション 3,800円+税
発売元:STORY/東宝 販売元:東宝
詳細:https://www.tenkinoko.com/bluraydvd.html

<WEB>
公式サイト:https://tenkinoko.com/

©2019「天気の子」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える