• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

シンドラ初出演の神山智洋が藤井流星ら3人に感謝「同世代の男4人で楽しかった」

©NTV

3月上旬のクランクアップから1か月。ドラマ『正しいロックバンドの作り方』(日本テレビ)が4月20日(月)からスタートする。

日本最大級の音楽フェス「電撃ロックフェス」出場を目指すロックバンド“悲しみの向こう側”メンバーを演じた藤井流星、神山智洋、栗原類、吉田健悟のコメントが到着した。

バンドのリーダー・シズマを演じた藤井は「とにかく楽しい現場で、俺らが楽しんでいるのが画面からも伝わるはず」と。現場では多くのことを学んだと話し、「魚眼レンズを“フィッシュ”と言うとか、差し入れはグミが喜ばれるとか」と笑わせた。

シズマの弟・テツを演じた神山は、まずは無事に誰も欠けることなく撮影を終えることができたことを喜びつつ、「メンバーがいる事で安心する部分もあるので、流星には感謝しています。類君も健悟も同世代の男4人でバンド“悲しみの向こう側”を楽しく演じられました」と感謝を語った。

オギノ役の栗原は「このドラマをこのチームで作れて良かった」とコメント。コバ役の吉田も「撮影が終わっちゃったんだな〜と寂しい気持ちです」と、1か月間を共にしたメンバー、スタッフとの別れを惜しんだ。

『正しいロックバンドの作り方』
4月20日(月)スタート
日本テレビほか
毎週(月)深0・59~

出演:藤井流星(ジャニーズWEST)、神山智洋(ジャニーズWEST)、栗原類、吉田健悟

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える