• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

高橋克典&戸次重幸がバディに!テレ東2時間サスペンス第1弾『越境捜査』4・20放送

『越境捜査』

 テレビ東京系の新枠「月曜プレミア8」の単発ドラマ第1弾となる『越境捜査』が、4月20日(月)に放送される。

「月曜プレミア8」は、ドラマや『世界!ニッポン行きたい人応援団』を放送する枠として新設。その単発ドラマ第1弾として、『駐在刑事』シリーズでおなじみの笹本稜平による警察ミステリー『越境捜査』の放送が決定した。

 本作は、警視庁と神奈川県警、二つの大きな組織の縄張り争いで迷宮入りとなった未解決事件と、その裏に潜む巨悪を描く社会派ミステリー。警視庁の窓際刑事と神奈川県警の不良刑事が消えた12億円の行方に迫る。

 主人公の警視庁特捜係・鷺沼友哉を高橋克典、鷺沼とバディを組む神奈川県警山手北署・宮野裕之を戸次重幸が演じる。

<あらすじ>
14年前、12億円をだまし取った男が金とともに失踪、数日後に海で遺体となって発見された「森脇事件」。犯人も金もいまだ見つかっていない、この未解決事件を追っている警視庁特捜係・鷺沼友哉(高橋克典)が、本牧埠頭で何者かに襲われけがを負う。そこへ現れたのは神奈川県警山手北署の宮野裕之(戸次重幸)。県警で偶然「再捜査する鷺沼に焼きを入れる」という立ち話を耳にし駆け付けたという。宮野の目的は12億円の横領だったが、利害が一致したこともあり、2人で事件解決に挑んでいくことに。県警はなぜ再捜査を阻むのか?消えた12億円は一体どこに?組織、管轄、派閥…さまざまな境を越えて捜査を続けた2人は、やがて想像を絶する巨大組織の実像にたどり着く――。

月曜プレミア8『越境捜査』
テレビ東京系
4月20日(月)後8・00~9・54

出演:高橋克典、戸次重幸、内山理名、平山祐介、結城モエ、伊藤正之、ベンガル、石丸謙二郎、大西武志、大迫一平、あめくみちこ、中丸新将、永島敏行

原作:笹本稜平「越境捜査」(双葉文庫)
脚本:坂上かつえ
監督:児玉宜久
チーフプロデューサー:中川順平(テレビ東京)
プロデューサー:山鹿達也(テレビ東京)、元信克則(ユニオン映画)、岡本慶章(ユニオン映画)

公式HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/premiere8_drama/

©テレビ東京

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える