「クワイエット・プレイス」を生んだ2人の監督が新作「ホーンテッド」の舞台裏を明かす | TV LIFE web

「クワイエット・プレイス」を生んだ2人の監督が新作「ホーンテッド」の舞台裏を明かす

エンタメ総合
2020年05月29日

「クワイエット・プレイス」の脚本家コンビが手掛けた、恐ろしすぎるお化け屋敷が舞台の映画「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」の公開日が6月12日(金)に決定。

 本作のメガホンを執った、“音を立てたら即死”という衝撃設定で話題を呼んだ映画「クワイエット・プレイス」の脚本を担当したスコット・ベックとブライアン・ウッズのインタビュー映像が到着した。

 2人の出会いは12歳のころまで遡る。ランチタイムに同じテーブルに着いたことから、映画好き同士ということで意気投合。以来、2人で協力しながら数々の作品を作り上げてきた。

 お化け屋敷は好きだが、あまり怖いと思ったことがないという2人がこの作品を生み出すにあたり「本当に怖いお化け屋敷を作る機会になった」とコメント。

「もしお化け屋敷での出来事が実際のことで、この事態に対処しなければならないとしたら恐ろしいだろう」と感じたことから、“お化け屋敷のキャストが殺人鬼で客を襲う”という絶望的なシチュエーションが生まれたとも明かしている。

「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」
2020年6月12日(金)よりTOHOシネマズ系列ほかにて全国公開
監督・脚本:スコット・ベック、ブライアン・ウッズ
プロデューサー:イーライ・ロス
出演:ケイティ・スティーブンス、ウィル・ブリテン、ローリン・マクレーン
提供:リージェンツ、AMGエンタテインメント
配給:リージェンツ
公式サイト:haunted-movie.jp

©2018 Danger House Holding Co., LLC. All rights reserved.