大黒天様は実はたぬきだった!? au“三太郎”シリーズが初のアニメ化! | TV LIFE web

大黒天様は実はたぬきだった!? au“三太郎”シリーズが初のアニメ化!

エンタメ総合
2020年06月03日

“三太郎シリーズ”初のアニメーションCMとなる、「au PAY」の新CM「たぬきの正体」篇が6月3日(水)より全国で放映される。

 新CMは、大黒天(荒川良々)は実はたぬきだったのではないかという謎が生まれるストーリー。桃太郎(松田翔太)の家の縁側でひと時を過ごし別れようとした際、大黒天のお尻からしっぽが生えていることに気づいた金太郎(濱田岳)。思わず「あ!何このしっぽ!」と引っ張ると、大黒天は「痛いポン!」「やめろポン!」と抵抗する。

 一連の様子を見ていた桃太郎が「大黒天様の正体って…」と疑いの目を向けると、大黒天は「ポーン!」と叫び、辺りは煙に包まれてしまう。ようやく煙が消えると、そこに現れたのは一匹のたぬき。たぬきは慌てて逃げ出し、入れ替わるかのように元の姿で戻ってきた大黒天に対して桃太郎が「いや、たぬきだったよね?」とツッコむも、大黒天はたぬき姿の名残で「ポンなことない!」と返答する。

  三太郎シリーズ初のアニメーションCMとなった今作では、松田、浦島太郎役の桐谷健太、濱田、荒川がそれぞれのキャラクターの吹替を担当。リモートでの収録を終えた松田は、「今回、三太郎CM5年の歴史で初めてのアニメCMが出来上がりました。声のみの演技は久しぶりだったので、新鮮な気持ちで挑めました」とコメントした。

『au PAY』新CM 「たぬきの正体」篇
2020年6月3日(水)より全国放映開始
au公式YouTubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/aubyKDDIofficial
三太郎スペシャルサイト:https://www.au.com/pr/cm/3taro/