80年生まれの山口一郎、妻夫木聡、又吉直樹、森永邦彦、吉田ユニが“アフターコロナ”を語る特番6・13放送 | TV LIFE web

80年生まれの山口一郎、妻夫木聡、又吉直樹、森永邦彦、吉田ユニが“アフターコロナ”を語る特番6・13放送

エンタメ総合
2020年06月04日
『僕らの定点観測~アフターコロナの乗りこなし方~』

 山口一郎、妻夫木聡、又吉直樹、森永邦彦、吉田ユニが出演する『僕らの定点観測~アフターコロナの乗りこなし方~』(Eテレ)が6月13日(土)に放送される。

 この番組は、異なる分野で活躍する1980年生まれの5人の表現者たちが、ジャンルを横断して「アフター・コロナの時代」に向けてのビジョンや現在を語り合うバーチャル・トーク番組。

 緊急事態宣言下での仕事ぶりや、この2020年に40歳を迎える自身の立ち位置、さらに未来につながるアイデアなどについて自由なトークを繰り広げる。

<山口一郎(サカナクション)コメント>
この番組はオンラインアプリの会話だけで、特に動きもなく進んでいきます。同じ80年生まれの文化に関わるそれぞれ違う仕事をしている5人。この5人がコロナを経験して、こんな時だからこそ繋がれて、そして何かを生み出そうとする様子がただ淡々と流れます。音楽、ひいては文化というものが、この非常時に本当に必要なものなのか議論されるこの状況の中で、皆さんがそれを考えるきっかけになれたらうれしいです。

<妻夫木聡(俳優)コメント>
80年生まれは僕自身、ラブレターも書いた、ポケベルも持っていた、PHSも携帯も。いろいろなものを体験して来た世代。社会を良い意味で面白がることができていると思います。後で振り返ったときに「この時間が無駄じゃなかった」と感じられる、そんなきっかけにこの番組がなれたらうれしいです。

<又吉直樹(お笑い芸人・小説家)コメント>
40歳は若すぎる訳でもないけど、完全に成熟しきってもない微妙な年代。つねづね、実年齢と自分の表現が一致していないと感じていたけど、みんな一緒だと安心しました。(今回共演した)4人は各ジャンルのプロ。最先端を行っている。でも自分は唯一アナログ。その分、一回立ち止まって、乗り遅れている場所で新しい物を作って行けばいい。視聴者の皆さんにも、それで大丈夫だと共感してもらえると思います。

<森永邦彦(「アンリアレイジ」デザイナー)コメント>
それぞれが今、同じ立場で、同じ世代で、闘っているということを実感でき、大きな希望を持ちました。お互い分野を越えてつながることで、新しいなにかがはじまる予感がします。

<吉田ユニ(アートディレクター)コメント>
番組収録っていうのを忘れちゃうくらい普通に楽しんでしまいました!いろんなジャンルで活躍する同年代と繋がって、話が聞けたのが貴重な体験でした。(同年代は)いろんなことを経験した日数も同じ、すごく刺激も受けるし、親しみもあるし、応援したくなるし。同年代って不思議な存在。視聴者のみなさんも一緒にトークに参加したような気持ちで楽しんでもらえたらうれしいです。

『僕らの定点観測~アフターコロナの乗りこなし方~』

『僕らの定点観測~アフターコロナの乗りこなし方~』
Eテレ
2020年6月13日(土)後10・00~10・50

<出演>
山口一郎(サカナクション)、妻夫木聡(俳優)、又吉直樹(お笑い芸人・小説家)、森永邦彦(「アンリアレイジ」デザイナー)、吉田ユニ(アートディレクター)

©NHK